スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    私が私について知っていること

    2012-10-25 18:44 / Category: ブログ
    DSCF4063.jpg

    夢を見た。
    起きたとたん、夢の内容は忘れてしまったが

    「私は親に仕送りが出来る人生じゃないな、仕事を探さなきゃ」

    ということが頭をよぎった。

    おかんの夢だったのだろうか、お金の夢だったのだろか。


    今はありがたいことにどちらの両親共元気で過ごしているが、
    体調を崩したりして病院と深く関ることになると
    本当に仕送り等が両親たちの助けになる時が来るだろうし、
    まだまだずっと先だと信じているが、そんな時、蓄えがあるのだろうか。

    起きぬけからそんなことが頭の中で回っていた。

    だから今すぐに仕事を探そうと思ったわけではなくて、結局「そう考えてみたこと」だけの話なのだけれど。

    仕事とお金、持ち家と賃貸、子供と自由、家族と時間、
    なければ欲しいと思うし、あれば、それがストレスになってたまに投げ出したくなる。
    ないものねだり。


    ***


    電車で目の前の人の電話がなった時、なにげにはっと大きな空を見上げた時、
    ヨガ教室の天井を眺めている時、それから朝起きたとき。


    「私はなんでここに居るんだろう、ここで何をしているんだろう。」


    という感覚に陥る瞬間がごくたまにあって、
    でもそれはイタリアに来てからではなくて、もっと昔からあったこと。

    ああいう瞬間はたぶん、ほんの一瞬だけ自分の魂が抜けていて、慌てて身体に戻ったのかな。

    と考えるようにしている。


    ああいう感覚は誰にでもあるものなのかしら?
    そういえばそういう話題になったことがなかったから(避けていたわけではなくて)
    友達にも聞いたことなかったな。


    私はどの時期でも、どの場所でも不完全。
    もちろん何かしらのコンプレックスは抱えていているわけだけれど、
    でもそれは悩みではない。


    「Naviaちゃんは、悩みなさそう」


    と、昔から、それこそ「ヒョウガラ似合う~」と同じぐらい言われてきたけれど、
    そう、ほんと悩みないの(笑
    でもそう言われて逆に悩んでしまう人も居るみたいだけど、
    あれって私には最大の褒め言葉ね♪
    私はいつでも楽しそうな人が好きだから。

    いいの、いいの、悩みなんて自分の中でパパッと一瞬で蒸発させちゃうからなー
    ↑(こういうのだから悩みないんだよね(笑 )

    だって悩みを他人様だけに解決してもらうようになったら自分の存在理由がなくなっちゃうしね。
    (人に相談することはいいことだYO)


    なんだか変な夢を見たセイで、いつもとちょっと違った話になって、
    しかも「イタリアブログ」なのになんら「イタリア」関係なくてゴメンナサイ。
    さらに時間を割いて「コメント」くださるブロ友の方にもコメントしずらいブログになってゴメンナサイ。
    スルーで結構です。
    あれ?あやまってばっかりだ(笑
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    なおこ 
    Naviaさん、こんにちは。どうしてここにいるんだろうと直接思うことはないのですが、「何をしているのだろう(これではいけない)」と思うことは時々あります。

    世間一般の人とは違う道を選び、反対も退けて、思い切っての選択だったので、自分がここにいることが自分の選択の結果だということは、認識しているのですが、今、人生の中で、本当に自分がしてみたいことは何かと、特に仕事について思うことはしばしばです。結婚をしようと、あるいは、結婚を機に、という方の場合は、ある意味、必然に迫られての選択なのですが、わたしがイタリアに来たときは、12年間勤めた、日本では収入もよく安定した高校の常勤教師という職から退いて、あえて、イタリアに留学するという道を選んだわけですから……

    当時高校2年生だった、かつての教え子たちが、今はすでに社会人で、仕事をしていたり、親になっていたり。「イタリアにいるんですか。イタリアで結婚! かっこいいですね。」という彼らの無邪気な返事に、だからと言って、決してかっこいいわけではないのだけれど、あの子たちに胸を晴れるような毎日が過ごせたらなと思います。何だか結局自分について書いてしまいましたが、ただ毎日を生きていくのではなく、時々、自分の人生を見つめ直して、問いかけることというのは、とても大切なのではないかという気がします。
    2012/10/25 22:22 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette 
    自分と言う人間が確かにここに存在しているのだけど、存在していないような感覚にはなることと、その場にいるという状況を不思議に思うことはあるよ。頭を使わないから「どうして」とは思わないんだけど(笑)
    現実的なことについては「大丈夫なんだろうか」と思う事はあるけど、そのうちそれを考えてたことを忘れちゃったりしてるから、深刻には考えてないんだろうな、自分。
    2012/10/25 22:58 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    私が以前、独身で日本にいたころ、そんなことをふと思ったことがありました。当時は、自分のことだけでいっぱいいっぱい、だったのかな。

    最近は、私って何をするために生まれてきたのかしら…。です。
    答えはまだ出ていないですが、ゴールはなんなんだろう、とか考えますね。漠然と、人のためになることしなきゃ、と思ったり。

    先月の終わりに、父が亡くなりました。
    なので、父ははたして幸せな人生だったのか、と考えることがあります。私が父だったら、おおむね(違う生き方をすれば、またもっといい人生だったかもしれないですが)幸せだったろうと思うけど、本人はどうだったんだろうか、と。何をもって満足するかは、人それぞれですものね。
    Naviaさんは、心の奥底で、御両親のためになりたいと思っておられるのでしょうね。
    きっと、それがNaviaさんの人生にとって、満足することの中の、重要なひとつなんでしょうね。
    2012/10/25 23:43 * URL [ 編集] | TOP↑

    yuki うーん・・・
    あたしもあります、そういうこと考える瞬間。幽体離脱状態かは分からないけれど、ふとどうして今あたしはここにいるのかな・・・とか思います。

    それにしても、親へ仕送りなんて考えたことも無かった自分を少し恥ずかしく思います。そうですよね、いつまでも元気な訳じゃない。。。それを思うと今の生活では仕送りは絶対無理。うーん、働こうかなぁ。働けるのかなぁ。

    今月も生理が来て、子供についてもふと考えてしまいました。
    2012/10/26 06:15 * URL [ 編集] | TOP↑

    sajico 
    少し長くなります、、すみません(^o^)
    私は若い時にそんな夢の感覚あった気がします。その感覚を今思い出すと、魂が現実の自分を眺めているような自己不一致感。本当の自分や、他にやりたいことがある自分などが別にいる様な感じやその気持ちに支配される感じ。

    「夢にも思わないことは実現しない」とある人が冊子に書いた言葉は納得してます!

    歳を重ねると夢(自己実現)は一足飛びには叶わないけど、夢を持ち続けると実現することが体験できました。そのあとは、ありのままの自分を自然に受け入れ自己不一致感が少なくなってきたかも。ピンチと思う時に一呼吸おいて「まあいいわ。なんとかなる。大丈夫」のプラスの自己暗示すると、本当になんとかなっている(振り返ると)人生の課題は人それぞれ違いますが、複数の課題同時に考えるはしんどいです。ちょっとしんどい時は一呼吸、二呼吸おいて 問題から離れてみる。そうすると、ぱっと何か閃くこともありますよ♡
    2012/10/26 10:14 * URL [ 編集] | TOP↑

    ちゃこま 
    私自身は結婚して独立するまでは親といい関係だったとは言いがたい(特に母との場合、「ひどい」関係って言った方がいいかも、、、)ものでした。でも親も年を取って私も年を取って、昔いろいろあったり感じたりしたことも穏やかに風化して、今は素直に親の幸せを心から願っています。子の責任だから、とか、親への愛、とかじゃなしに、ただ単純に私が両親にできることがあるんならなんでもやってあげたい。そしてそれを喜んでもらえたらただ単純に嬉しい。

    親でも夫でも子供でも夫の家族でも、自分を必要としてくれる人がいるというのは私の生き甲斐です。私は仕事をしていないので社会貢献って面では薄い存在とは思うけど、それでも自分を必要としてくれる人がいることはとても嬉しいしありがたいし、そんな気持ちを忘れてはいけないなって日々思います。

    経済的なサポートももちろんだけど、ご両親が必要な時にナビアちゃんがそこにいるってとっても大きいと思います。7月に連れを亡くした高齢の義母は今、5人の子供たちと17人の孫,そして3人のひ孫の愛を一身に受けながら、質素ではあるけれどとても幸せな老後を送っています。そんな義母の人生が私には理想で、人生いろいろあるけれどやっぱりいつでも元気いっぱい、笑顔で、誠実に生きる、に尽きるんじゃないかなあなんて思ったりするんですよ。
    2012/10/26 10:28 * URL [ 編集] | TOP↑

    はむ 
    ナビアさんの全てを知っているわけではないですが、アイルランドへ留学されて、結婚されて、イタリアで少し安定してきて、ふととくに理由もなく考えてしまったのかと思います。
    日本にいるご両親の心配はしていらっしゃるとは思うんですが、その思いがたまたま強くって考えてしまったり。まとまりなくてすみません。

    僕なんて、みんなは大卒で(笑)、そこそこの収入があって。そこそこ学生生活楽しんでて。親にも多少は仕送りとかしてるとは思いますが、僕は父親と同じグループ会社で半ば縁故みたいだし契約社員だし専門も中退。資格も持ってるだけで使えないようなのばかりで、両親の援助なしには生活できてません。しょうがないですよね。これから!巻き返すというか、頑張っていこうとは思ってます。
    2012/10/26 21:59 * URL [ 編集] | TOP↑

    ねーねー 
    いつも、あっちもこっちも不完全感でいっぱいやから
    じたばたしながら頑張ってるような気がする。
    ちなみに私は親への仕送りとか考えたことないから
    Naviaちゃんてば私より若いのに偉いーって思ったよ。

    2012/10/27 21:03 * URL [ 編集] | TOP↑

    Micchy 凍りつくような寒い会話。
    「わたしはここで何をしてるんだろう?」って思うそのときは、ズバリイタリア語ですか?

    ってどーでもいい質問してしまいました。
    わたし今ド田舎オーストラリア8年目突入してるんですが、
    最近日本人同士の会話が「ルー日本語」になってて
    大変キモいことになっています。

    まさか「ユーは今ビジーなの?」とかは言いませんが
    それに近い会話を平気でしてたりします。

    前置きながくなりましたが、「ここで私は・・・?」
    なんてどんだけ放心した状態なんでしょうか、それ(笑)。
    よく寺の修行で雑念を追い払う(あの気合入れ棒で肩をばしっとやるやつ、名前忘れた)修行があるけど、ナビさんのこの状態だと、坊主も「バシッ」ができないかもしれません。

    ミッチーは雑念がとにかく多い人なので、残念ながら未だにただの一度も「私はなぜいまここで・・・」と思ったことありません。空想家でもないので「仮に〇〇が△△だったら・・・」というたぐいの妄想もありません。つまんないくらいスーパー現実家。

    ちなみにですね、今日キャンベラでは「奈良フェスティバル」がありました。キャンベラは日本の奈良市と姉妹都市ということで、和太鼓や和食(ってゆっても焼き鳥とか焼きそばとかのジャンクフード店)が出店を出してる催しもので、お祭りみたいなものなんですよ。

    そこでまだここに来て5週間目だというのに「あ、もしかしてミッちゃん!?」と声をかけてくる日本人が。

    実はこの女はものすごい性格が悪く、初対面の私のことをミクシに「声がすっごい綺麗♥」とかツッコミ満載(「声が」てじゃあ顔は不細工ってことかい、というような)な日記をバシバシ書いたり、自分がどんだけモテてモテて、貢がれて困っちゃうみたいなことをヘーゼンとかますため、辛抱ならず音信不通宣言してたんですね。

    この日本ならまだしも、なんだってこのばかみたいに広いオーストラリアの、しかも大きさ8番目都市みたいなところで「うっかり鉢合わせ」になってしまうのか。

    またまた前置き長くなりましたが、まさにこの時は「こいつは一体こんなところで何をしているのか?そして私はなんだってこんなところでこのクソ女に再会しなければならないのか?一体なんのカルマで・・・」と、訳のわからない展開の渦に巻き込まれしばらく漂流してました。

    このヘンテコな再会はお互いの亭主のこれまた気の利かない「電話番号の交換とかしなくていいの?」という質問(しかも両方の亭主からそれぞれ質問、トータルで2回リピートというのがポイント)で空気があっという間に緊張してしまいましたが、うちはヘーゼンとして「もう知ってるからいいの」(ほんとは知らんくせに「知ってる」とかましてしまった私)。

    嫌いな人にはこっぴどくひどくやったほうがいいのか、それともそんな大人気ないことはやめるべきなのか、カレー味のうんこ食べるかうんこ味のカレーを食べるのかというレベルの問答でしたよわたしには・・・

    というわけで、本日の実にタイムリーなとでもいいましょうか、わたしの

    「お前さん一体ここでなにしてんの」な事件でした。

    チーン。
    2012/10/27 21:58 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆私が私について~ 
    なおこさん
    なんだかコメントしにくい話題に真っ直ぐに心に届くコメントいただいてなおこさん、皆様に感謝します。
    「何をしているんだろう」という感覚ですか。なおこさんのようにイタリア語の理解度も地域密着度も高い方(=常に努力されている方)でもそんな風に感じるのですね、ちょっと共感できてうれしいです。と共に、ってことはちゃんと努力してもそうやって考えることあるのかって、抜け出せないのか感がありますが(笑
    やはりイタリアに住んでいるというと、かっこいいと無邪気に言ってくださる方にお会いする度になんだか恥ずかしくなるというか、違うんです!という気持ちが前回になります。
    たぶん学校等に真剣に行っていればもっと胸を晴れるのかもしれませんが、何もしてないのに褒められると、気が引けるんです。でもこの感覚はそれこそここで事業を起こす等をしない限り抜けないでしょうからずっと付きまとうと思います。でもおっしゃるとおり、私たちが選んだ道。1日1日幸せを感じながら過ごしていきたいと思います。


    Setteさん
    なんかメンドクサイ話なのにコメントくれてありがとう。そして、Setteちゃんの言ってること分かる、それそれ!そういうのあるの。あれ、なんだろうね?私も深刻には考えてないのよ、考えられないっていうか一瞬で我に戻るというか。
    でも今ちゃんと考えてないから後でどばっと考えなければいけない時がくるかも?ともその一瞬で思ったりするわけよ。


    Michieさん
    コメントしにくい話題にコメントくださって、それにお父様のお話も話してくださってMichieさん、ありがとう。お父様のご冥福心よりお祈りします。
    そんなことがあったのならなおさら、人の幸せについて考えられている日々だと思います。
    お父様、きっとお幸せな人生だったと思いますよ!私はまだ子供が居ませんが、なんとなく子供の幸せは親の幸せだって感じます。私だって親の幸せはとても幸せです。
    Michieさんが好きな場所で大切な家族と趣味に没頭して過ごせる環境を持って過ごされていることお父様、本当にうれしかったと思います。だってそんなに充実生活をしている人(=Michieさん)珍しいですよ!お父様の誇りだったと思います。
    本当に人は何をするために生まれて、何が出来るとゴールなんでしょうかね。ゴールは生のそのもっと先にあるような気がします。きっと生きてる間に「私はこれをするために生まれてきた」と満足することが出来る人少ないんでしょうね、
    みんなそれを探してるんでしょうか。
    たまにミュージシャンなんかいかにもそれをするために生まれてきた人が居ますが、うらやましいです。
    何か満足できるものを人生で1つ持ちたいですね。


    yukiさん
    yukiちゃん、メンドクサイ系の話題に真っ直ぐコメントしてくれてありがとう。感謝です。
    やだ、私も普段は親に仕送りなんて考えてないですYO(笑 なんとなく夢で見ただけで。でもなにかきっと感じたんでしょうね。Yukiちゃん、Yukiちゃんは妊娠できる身体っていうのはもう保障済みなんだから、そんなに毎月重く考えないで!ダイジョウブリラックス、リラックス!マンマと共にリラックス(笑 福さん式って知ってる?私今試しています♪
    あと子宝の木村さんって知ってる?試しに私も壁紙にしてみました(笑 →こちらはおまじないみたいなものですが(笑
    2012/10/29 22:29 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆私が私について~2 
    sajicoさん
    コメントしにくい話題だったのにとても力強いコメントありがとうございます。
    「夢にも思わないことは実現しない」とはとても励みになる言葉です!教えてくださってありがとうございます!
    Sajikoさんは不一致感を受け入れてその上、前進されたから今は文字通り一皮向けられたんですね!! 私はまだ受け入れてない過程なんですよね、きっと、それも随分昔から。人生かけて私も一皮剥けれたらと思います。素敵なヒント、ありがとうございました!


    ちゃこまさん
    コメントしにくい話題だったのにちゃこまさんのこと含め、温かいコメントありがとうございます!
    私も結婚してからのほうが親とはいい関係かもしれません。それにうちも昔はいろいろあったので、ちゃこまさんの気持ちほんとによーーーーーーくわかります!
    お互い核心のところ書けちゃわないのが辛いですね(笑

    でもほんとに私も親も両方が幸せを望んでいるし、潰しあいがないというか、こうして離れてみるのはお互いが快く過ごせる運命だったのかなとも思います。
    それに外国人の夫と結婚したのもよかったのかもとも思います。夫はしっかりとした大人ですが、日本に行くとやはり右も左も分からないので両親がとても助けてあげたくなるようですし、そうしていると夫の性格も日本人同士で話すより手をやくぶん分かりかわいいようです。それに外国人ならではのストレートなうれしさの表現は、私たち家族にはなかったもの(確かに日本の家庭ではあまりないですよね)で、
    そんな意味も含めて、今ではとても温かい家族のあり方なような気がします。
    私自身もアモーレ家のイタリア家族との間で、日本での家族との接し方から、こういうところは照れくさくてもいいものはいい。としてどんどんまねをするようになりました。
    やっぱり人は褒められたり、愛されたり、温かく迎えられて悲しい人は居ませんものね。そして受け取った嬉しさや愛情はまた他の人に送られるものだと思っています。
    小さいところでいえば私がそれを家族同士でしていますから(笑
    だから、ちゃこまさんがご家族との中で生き甲斐だといえるのはとてもすばらしいことだと思いますし、それはちゃこまさんしか出来ないもの。目に見える大きな社会貢献ではないですが、こうして1人1人の大きな生き甲斐が小さなプラスの力になって、その行為がいい風に社会にもどっていくなら、それは社会貢献だと思います。私だってそうです、ま、私の場合は社会貢献という考えではなくて「お金ほしいなー」という欲で「仕事」が欲しいと思うわけですが(笑

    ところでお義母さんって、あのお食事お代わりのお義母さんですよね?すばらしい!そんな手本になるような方をがっつりと関れるっていうのはちゃこまさんの見えない糸の力、人力ですよ!!
    2012/10/29 23:09 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆私が私について~3 
    はむさん
    コメントしにくい話題だったにも関らず、いつもにも増してやさしいコメントありがとうございます。
    そうなんですかね、少し安定してきた段階なんでしょうか?だったらそれはそれでうれしいのですがね。
    あら、私も高卒です!それにはむさんみたいにその後がんばって学校に行ったワケでもないですし。しかも私、車の免許もないので「お前猿と一緒やで」って言われたことあります(冗談で)。私も働いている時はみんな大卒で「わおー」って感じでしたけど、まぁそこは気にしたことなかったですよ♪
    今は就職も随分難しい時(私の時はまだ少々買い手市場でしたし、人が足りなかったんです)職場も縁故でお願い出きるのは、それははむさんの人力でありお父様の人力です。ありがたくお受けすることは良い選択だと思います。
    だからはむさん、それでいいですよ!ぜんぜんしょうがなくない!お互いもう少し年月がたって、親が必要な時に援助できるような金銭も体力も蓄えていたいですね。
    お互いがんばりましょう♪


    ねーねー
    でもさ、やっぱりねーねー家族がやっているように地元に根付いて親の近くで生活すること、出来ることっていうのはいろんな意味でやっぱり一番すごいことやと思うわ。
    なんだか大勢の人がやってるし一番ありふれた選択のように見えるけど、実はそれってどっちの親からかかるストレスに耐えながら(笑 昔からの地元の関係になじみながらやっていくって、私にはできひんことやから。なんかさ、そういえばほんとに昔っから、地元の駅の商店街はいつでも見てる光景やのに地元な気がしなくて歩くと楽しかったわ。


    Micchyさん
    このポスト自体がちょっとコメント入れてもらうのに難しそうなことなのにコメントいただけたことにとても感謝していたのですが、Micchyさん、ごめん、笑っちゃったよー(笑

    「私ここで~」はズバリ日本語です、あしからず(笑

    そうそう、「ユーは今ビジーなの」の気持ち分かります(笑
    で、ほんとに気をつけているので日本語を話す速度が落ちた気がします。でもルーりだすと、すごくルーになるでしょ?
    ルーな人に会っちゃったりすると、また心新たに美しい日本語にこだわってしまうわけです(笑

    ところで、Micchyさん、いただいたコメント何度も笑っちゃって私としてとーーーーっても楽しかったのですが、奈良フェスの話書いちゃってダイジョウブだったんでしょうか??(笑
    会った場所とか、書いちゃって、もしキャンベラの。。ってことが耳に入りそうになったら連絡ください。このコメント不可視にして自分だけ楽しみます(笑
    で、その話なんですが、やっぱり縁ですよ、カルマですよ(笑 なんかあるんですよ、ほら、2度あることは3度あるって言うでしょ。メイビー今度はユーはグロッサリーでミーティングしちゃうねー。
    2012/10/29 23:50 * URL [ 編集] | TOP↑

    Micchy 
    心配ご無用、実はチャンスがあれば本人にAからZまで言ってみたい(4年ほど前が最後に会った日だったのですが)、ていうかAからHくらいまではすでにゆってしまっているんですね、しかしおそろしい神経の持ち主らしく、おそらく私がゆってることの真意がわかっていない状態で終わってるんですよ。あ、わたし人と付き合いをやめるときには面とむかって「あんたのこういうところがいやでウンザリだからもう付き合いたくない」っていうむちゃくちゃ親切な人間なんです、だから、全然心配ご無用!むしろ心配してくれてどうもありがとう!って・・・もんのすんごい嫌なこと予言してくれましたね?そう、わたしも実は2度あることは3度ある、ということで、しかもこんなせまいキャンベラに暮らしている身上、またどこで出くわすかと思うと実に迷惑な話。ということで、「次回うっかり出会ったら」ということを想定して「呆けた人の真似」をすることにしています。「あ、また会ったね~!」と言われたら、笑わないようにして「は~ どこのどちらさんでしたっけねえ~ ちょっと思い出せませんで~」ってゆってやる。あっちも負けずにほら、このあいだ、とか言い出してもひたすら「やっぱり思い出せませんねえ~ 綺麗な人だと絶対に忘れないんですがねえ」とか。ほんと私意地が悪いな・・・(笑
    2012/10/30 11:16 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆Micchyさん 
    こわいこわいこわいこわい(涙
    ほんと狭いキャンベラなのに。もうそこまで言っちゃってるってことは絶対3度目決定ですね。それも自分と関係ない第三者のオーストラリア人から「キャンベラの日本人でね~」とか紹介されるパターン。ちーん。
    Micchyさんが言ってることが伝わってないんじゃなくて、
    「結構きつい冗談が好きな人なのよね、うふふふ」
    って解釈なんじゃないでしょうか。あ、それが伝わってないってことだって?

    たぶん今、次会った時のこと想定してるから、
    「やっぱり思いだせません、綺麗な人だと~うんぬんかんぬん」は自分で吹いてしまって言えない、篠沢教授に3000点。
    2012/11/01 06:49 * URL [ 編集] | TOP↑

    Micchy 
    うう 「絶対3度目決定」ですか。辛抱できなくなったミッチーはきやつの頭をむんずとつかみ、張り手をかまし1周させながら「ワシはお前のことがキライなんじゃ、話しかけんじゃねー!!」とかいう恐ろしい展開になったら・・・オモシロイんだけど。私人から破滅症とか言われることがあって、どーもイカン方にイカン方に行ってしまうことが昔はよくありましてね。人は誰でも「怖いもの見たさ」があるでしょう。しかし思いっきり何か極端に行動すると、のちのちとってもいいメモリー♥になって経験豊富なすごいお祖母ちゃんになれるんですよ。たぶん。相手に伝わってないのは、考えてみたんだけど、うち、あんまり本気で怒ってるように見えないのかな。顔コワイのになんでだろ、って不思議だよ。オーストラリアというか日本の外にいるときは仏頂面まではいかなくても無表情にするようにしてる。なぜかというと、アジア人の女だからってアドバンテージ取られるようなことを避けるためにね。そしていつもにこにこしてると媚び売ってるみたいで嫌なんだ。だからアンちゃんに初めて会った時もこわがってたよ。しかしですね、naviちゃん、怖い顔してると、意外や意外、人が気を使ってくれて、親切にしてくれる!!なんだ、これでいいんじゃん、と思って私の普通モードは「無表情でガン見」。顔はコワイほうが得するんでちゅ。
    2012/11/08 09:35 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆Micchyさん 
    分かる!なんか愛想がいいと「何で笑ってるの?」的な感覚って外国人全般にありますよね(笑 こっちでも物腰やわらかいとつけこまれる危険性は大です。そんな訳で私も結構笑い顔なので、無表情を決め込んで市役所なんかに行ったりしますが、それが続くと口の横に腹話術のようなしわがでてきました。歳?それともl仏頂面?もう、ほんと加減が分からないって怖いです(笑
    2012/11/11 23:26 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。