スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    チューリッヒ越え

    2012-11-09 23:16 / Category: イタリア生活☆見聞録
    DSCF7449.jpg
    高速でレーちゃんの家に向かい中。その前の週は冷え込んだので雪が降って残っていた。

    DSCF7469.jpg
    レーちゃんの家に近くなると広大な畑が続く
    ところでレーちゃん家族や
       (レーちゃんとはクリック → 底のない貯金箱 愛しのレーちゃん
    叔父や従兄弟が暮らしているエリアはスイスでも北の方、
       (アモーレマンマはスイス育ちの為、兄弟が居る)
    チューリッヒより上で、私はシャウエッセン(ポキッっとウィンナーの)と勝手に呼んでいるが、
    シャウハウゼンschaffhausenというエリアで、こちらはドイツ国境の町。

    コモはスイス国境で、あちらはドイツ国境の町なので、
    スイスをハジメから終わりまで横断した場所ともいえる。

    スイスは物価が高いので、多くのスイス人は、日用品をドイツ国境を越えてどっさり買出しする姿を見かける。
    あちらに行くたびにその買出しに付き合うので、実を言うと私はドイツに何度も行ったことがある。
    でも国境越えてすぐにあるドイツのCOOPだったり、スーパーミグロスMIGROSだったり、
    ドイツに来た感はなにもなく、また国境を越えてスイスへ戻る(涙

    DSCF7711.jpg
    この写真はドイツ側からスイス。この川が国境。
    教会の屋根のとんがり具合がドイツ語圏を想像させる

    いつかドイツ観光したいなー。


    DSCF7456.jpg
    チューリッヒ湖

    それから、いつも車から見るだけのチューリッヒ。
    毎度まいど、車から見るだけでね。いちど従兄弟夫婦が、

    「え?ナビア、チューリッヒ見たいの? じゃぁ明日行こうよ!」

    と言うものだからワクワクして言ったら、その日は日曜日。
    ヨーロッパでは日曜って休業日で、特にスイスってそれが顕著だから
    店という店は閉まっていて、街中は人もまばら。
    休みの日はみんな湖に寝そべって休日を過ごしていて、
    もちろん従兄弟もそのつもりだったから、結局湖散歩して帰ってきたの。

    でも、それってコモの日曜と何か変わるのか。


    という疑問で頭でっかちになって帰ってきたんだけど。
    それでもアモーレから言わせれば、「ナビアはチューリッヒはもう行ったよねー」って。

    20分ぐらい足早に歩いただけなのに、
    「もう行ったフラグ」を立てるのは止めて欲しいものだわ。

    いつかチューリッヒ観光したいなー。


    でも、知ってるんだー。親戚めぐりなんてそんなもの。
    おかんやお父ちゃんの親戚が沖縄や北海道だって言うと周りは「いいねー」って言ってくれるけど、
    確かに場所はいいけど、親戚めぐりすると結局ドアtoドアで
    空港から叔母さんの家やおじいちゃんの家へ向かう道しかしらないもんねー。


    私も親戚や友達がうちに来てくれるとき、すごい適当な町案内してるかもな(笑


    会うのが目的の旅だとついつい喋るのが夢中で住んでる環境をお披露目できないもんな。

    DSCF7706.jpg
    でもね、車内から見える景色は贅沢な絶景ばかりでため息ものです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    yumi 
    分かる~!!通っただけなのに、すでに行った認証されるの困りますよねっ。「ちゃんと観光したい!」っていうの日本人だけの感覚なの~?!って驚きですよ。
    でも何を見るということより、誰といる事が重要なんですよね。きっとこっちの人には。
    けどやっぱりそこは日本人。しっかり街を見たいですよね!!
    それにしてもレーちゃん、素直でわがまま言わなそう。とっても愛しいですねー。
    うちの姪っ子ちゃんにメロメロだけれど、超わがままですよ!でもその分ウケルんですけれどー!!!超フルバ!
    2012/11/10 02:34 * URL [ 編集] | TOP↑

    sajico 車窓は紅葉?
    そちらは紅葉シーズンですか?東京はもうちょっとそうです
    2012/11/10 10:13 * URL [ 編集] | TOP↑

    Micchy 
    いやーやっぱり住んでないとどの国がどのくらい離れているのかなんていうものはわからないものですが、スイスとドイツってそんな「ちょっとお買い物しに」行く距離なんだ・・・。ちなみに最近なぜかドイツが人気あるのか、私の友人も何人かドイツに買い出しに出かけたり、日本人の多いと言われているドイツのデュッセルドルフで仕事をしている人もいます~。写真を見ている限りではシドニーなんて比べ物にならないくらい綺麗な街並み。ヨーロッパ独特の、美しい街並み、見ているとため息がもれる。ああ、やっぱりこういう景色があるから優れたブランドのバッグなんかが生まれるんだろうな、だってエルメスもってたって、隅田川バックじゃねえ・・・なんか根本的にマッチしない、残念ながら。こういう美しい場所で育った人はどんな人なんだろうと、フランスやイタリーの片田舎を見ているとふと思うよ。アメリカ人がヨーロッパ人のことをちょっと皮肉って話するとき、その根底には「憧れ」があるんだな、ということがわかるんだけど、それもそのとおり。こんな綺麗で、且つ洗練された、という場所は歴史の浅いアメリカには無いからね。で、ふと思い出すのが、今現在京都は紅葉真っ最中の、ホテル全然予約取れない季節。この季節の嵐山は世界一と言っても過言ではない、壮観さ。しみじみした何かを感じるのは、古い街並みならでは。ナヴィちゃんも、そんな素敵な街並みを見つけたらまた教えてね。
    2012/11/10 12:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    ちゃこま 
    スイス国境のイタリアの街からドイツ国境のスイスの街まで縦断するとどのくらいかかるものなのでしょう?

    スイスって実は九州ほどの大きさなんですよね。でもその中で4カ国語が公用語ってなんかすごい。ナビアちゃんの場合は2カ国語圏を通過したわけですが、やっぱり言葉が違うと街の雰囲気も同じ国の中でがらり変わるものなのでしょうか。

    買出しだけにドイツに渡っても、ねー。私も以前アメリカでホームステイしてた頃カナダ国境のナイアガラの滝に連れて行ってもらって、ランチはカナダ側で食べて、ホストファミリーに「これでカナダに来たことになるね!」って言われて、まーそーだけどー、って複雑に思ったことあります(笑)。

    次回はぜひぜひドイツもチューリヒもじっく〜り連れて行ってもらってね♪
    2012/11/10 19:02 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    ドイツって、欧州内でも食材が安価なんだそうです。
    うちにホームステイしたフランス人の子もね、ストラスブール近くに住んでいるんですけど、アルザスはドイツとフランスの国境ですから、彼のおうちも、よくドイツに買い出しに来るんだって言っていました。

    ドイツに住んでいると、それが当たり前になっているせいか、スイスに行くと、何もかもが高いなーってびっくりします。日本に行っても、お肉や牛乳、ヨーグルトが高くって、「店ごと買おうってんじゃないんだから!」って思います。

    Naviaさん、山は遠くから見てもきれいですし、登ると、また全然違う風景になって、それはそれは興味深いんですよ。
    …ね?登りたくなってきたでしょう~~。

    来たことになっちゃってるチューリッヒで思い出しました。もう10年近く前になるんですが、主人が「今度の休みにはどこへ行こうか?」と聞いてきたんです。
    イタリアにはもうよく行っていたんですが、いつも素通りのオーストリア。
    独身時代にザルツブルグは観光したけど、ウイーンはまだでした。なので、「オーストリア」と答えたんです。我が家からだと、ザルツブルグよりウイーンが近いから、きっと伝わってるはず…と思いこんだのが間違いでした。
    オーストリアはオーストリアでも、雪山ド真ん中のホテルへ宿泊して、案の定、雪の中ハイキング…というコースになってました。今回は、町の中を観光したかったんだけどなーと思った時は、すでに遅かった。
    でも、ホテルがすごーーーくよかったので、よしとしました。
    いつ行けるんでしょうね、ウイーン市内観光。
    2012/11/11 04:43 * URL [ 編集] | TOP↑

    パナッタレ 
    ちょーど、そこらへんに寝そべるだけの休日を送った今日でございます。

    ほんとさ、西洋人とかって外国の観光地でも寝そべって本読んでるだけの人よく見かけるんだけど、あれ、果たしてはるばる外国にまで来る意味あるのかね・・・?

    高いチケット買って、ホテルとか泊まって散在してんのに。って、バカンスが3週間とかあるからなんだろうけれど。

    私、チューリッヒ行ったよーー。でも、不思議なくらい、一番覚えてない!!もしかしたら、たいしたものないのかもよ?笑
    2012/11/11 20:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆チューリッヒ1 
    yumiさん
    そうなのよ、だから行ってないって!って力強く反発したくなるでしょ?(笑 いつか観光したい!(笑
    ミンミーはフルバでもかわいがっちゃうでしょ(笑
    レーちゃんもそのうちフルバになっても舐めるようにかわいがっちゃうわ(笑


    sajicoさん
    こんにちは!先週は本当に紅葉が綺麗な1週間でした。もう、色づいた葉っぱはこの週末の雨でだいぶ落ちてしまいました。長い冬が来ます(涙


    Micchyさん
    Micchyさんはもしかして京都出身なんですか?うちは大阪でも京都より、しかも嵐山までは近いので必ず紅葉の時期には歩きに行ったものです!なつかしー!
    本当に古い町並みで感じる季節っていうのは独特ですばらしいですよね。
    イタリアの田舎の風景は本当に素晴らしいです。古い町並み(それが地震等があったらどうするんだという問題もあるんですが)、石畳、広大な畑の先に見える小さな屋根を寄せ合った集落。オラが村を自慢する人の気持ちがよくわかります。そしてそういうところに居る人たちは厳しい生活を余裕な気持ちで生きている、そんな思い込みが私にはあります。実際は、ふつーのイタリア人かもしれませんが(笑
    だからこそ、遠くから見ておくだけにしたいと思いマス(笑
    2012/11/12 00:12 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆チューリッヒ2 
    ちゃこまさん
    そうなんですよね、九州ぐらいなんですか!スイスって小さいのに存在感ありますよね。ここから上の端ぐらまで(ドイツ国境との町)だと4時間弱ぐらいなんですよ、
    私たちの高速コースだと、スイスのイタリア語圏→ドイツ語圏なんですが、スイスはイタリア語圏を過ぎるとすぐ雰囲気が北ヨーロッパっぽい、のどかで静かなイメージがあります。ルチェルナ(スイス中部、ドイツ語圏)あたりまで来ると、もうとんがり屋根の教会が湖のほとりなどに見えてきて異国情緒があるんですよ!
    アメリカでのナイアガラの話。。やっぱりアメリカ人だなーみたいな感じがムンムンします(笑
    いつかチューリッヒ観光UPできるかなー?


    Michieさん
    >…ね?登りたくなってきたでしょう~~。
    あ、このタイミングでも誘われた(笑 ほんとアイシテますね、山(笑
    ほんといつ行けるんでしょうかね、ウイーン市内観光。でも今だったらMicheさん、やっぱり山を選んじゃうかも。
    ドイツは食材が安いんですね。日用品が美味しくて安いって、なんだか暮らしやすそうですね。イタリアも食材が豊富で日本に比べると安いイメージがあります。スーパーのパンはちょっと。。そうそう、ドイツパンもCoopとかのパンですが食べましたー。美味しかったー。


    パナッタレさん
    寝そべる休日過ごしちゃってる、ぱやんもう外国人だねー。(笑 そうなのよね、高いチケット滞在費で自国から持ってきた自国のの文字の本を読むって、なんか贅沢っていうか不思議だよね?!
    チューリッヒ覚えてないのは古代文明遺跡がないからでは?(笑
    2012/11/12 00:32 * URL [ 編集] | TOP↑

    kuyon 
    すごく、景色が綺麗ですね。
    山のある景色ってすごく好きなんで、こんな街に住んでみたいです。
    2012/11/16 21:43 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆Kuyonさん 
    山々が澄んでいて、やっぱりスイスの景色と空気は澄んでいます。私もこんな街に住んでみたいです!
    2012/11/18 08:51 * URL [ 編集] | TOP↑

    kyotomodelforest 人生まだ長い!
    >それでもアモーレから言わせれば、「ナビア>はチューリッヒはもう行ったよねー」って。
    >20分ぐらい足早に歩いただけなのに、
    >「もう行ったフラグ」を立てるのは止めて欲>しいものだわ。

    めっちゃおもしろいですわ。
    ほんでもって景色が絶景だったら、親戚の顔色うかがいよりも、アルプス。。。って。

    いいじゃないですか。まだ人生長いッスから。
    2013/02/10 20:05 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆kyotomodelforest さん 
    その長い人生の中、チューリッヒを歩くのはトータルで何時間歩くことが出来るのでしょうか、私(笑
    2013/02/11 23:59 * URL [ 編集] | TOP↑

     承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2014/06/15 10:57 * [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック:
    [トラバURL]http://iosononavia.blog.fc2.com/tb.php/799-5251729f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    まとめ【チューリッヒ越え】
    高速でレーちゃんの家に向かい中。その前の週は冷え込んだので雪が降って残っていた。 レーちゃんの家に近 まっとめBLOG速報[2012/11/13 12:38]
    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。