スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    北イタリア・テルメ体験記

    2012-11-13 22:26 / Category: イタリア生活☆見聞録
    ミラノやコモから右斜め上、オーストリアの方に矢印を伸ばすと
    ボルミオ温泉Bormioがある。

    これぞヨーロッパ!という感じの雄大なパノラマを見渡しながら、
    温度は低めで長居するにはちょうどいい水温で、何時間も出たり入ったりを繰り返し温泉SPAを心行くまで楽しんだら、
    ボロミオの郷土料理を食べに雪の中を繰り出す。
    集落にあるロッジ風のレストランでは、あつあつのチーズ料理やお肉にかかる濃い味のソースから、
    またここが山であることを感じる。

    そんな大人な贅沢が出来るボルミオ温泉。
    わざわざ旅行を計画していく価値のある温泉。

    BagniBormio.jpg
    ボルミオホテルWebサイトへ → photo@Bagni di Bormio Spa Resort

    ボルミオ旅行に感動した過去ポストはこちらカラ→



    そのボルミオ温泉と同じ会社で他にもいくつかの温泉が経営されている。

    その1つ。ミラノのど真ん中にあるテルメ、テルメミラノtermemilano.
    termemirano.jpg
    テルメミラノWebサイトへ → photo@termemilano

    ミラノのど真ん中、pta.Romanaという地下鉄の駅の真上にある。
    ホテルはなく、スパの施設だけのテルメ。ここには機会があり何度か足を運んでいる。
    なんだかこのスパはお手軽にセレブな気分になる。
    スパに入ると同時に香ってくるボルミオホテルで使っているルームフレグランスが漂い、
    静かで綺麗な施設の中に何種類ものテルメが用意されていて、
    休憩ルームや暖炉など設備のどれもが最新式のオシャレなものが用意されていてセンスがいい。
    ここは入場すると、ハーブティやシリアルやフルーツなどのBIO(オーガニック)の食べ物を口にすることが出来る。
    夕方にはアペリティボの時間があり、プロセッコにボルミオ産のハムやチーズなども用意されている。
    入浴中なのでプロセッコのお代わりはほどほどに。
    全て入場料に含まれている。

    私と友人のこのテルメの使い方は、
    身軽な服装でランチ前に待ち合わせし、入場、中で軽くランチをとり、
    塩パック、泥パック、いくつもの種類のスパとサウナと温かい休憩室でのリラックスを繰り返し、
    アペリティボをして、休憩し、またスパに入る。
    「閉店です」と係りの方が来るまでの約10時間ほどスパ館内で過ごす。
    そんなにガッツいている人にもセレブな夢を見させてくれる、演出がオシャレな都会のテルメ。

    そうして1日のんびりした後、このスパを一歩出ると、そこは地下鉄駅の真上。
    都会らしいカオスな騒音が一気に耳に入ることでセレブな体験から急に引き戻される。
    が、遠くまで足を伸ばさなくても地下鉄を降りるとセレブ体験が出来る場所。
    ミラノで長期滞在するなら寄ってみてもいいかも。


    それからもう1つ。 今度はミラノやコモから左斜め上、スイスやフランス方向に矢印を伸ばした場所、
    モンブランを眺められるテルメ・プレサントディディエルTerme Pré Saint Didierがある。
    TermePréSaintDidier
    テルメ・プレサントディディエルのWebサイトへ → Terme Pré Saint Didier

    このテルメのシステムはテルメミラノと同様のサービスで、
    ボルミオで体験したような美しい自然の景色を堪能できるのが特徴。

    ただ、私たちが行った日は入場料の割りに(他はだいたい40ユーロ前後、ここは50ユーロ前後)
    若い子供(とあえていってしまうが10代~20代前半)が多く、
    あからさまにエロい感じでいちゃついている青年たちを見るとイタリアの未来が心配になったほど(笑

    それからここはもともとあった温泉街ではなく新しく事業として興した感じがまだまだしていて
    工事中の場所もたくさんあり、温泉からもそれが見えて少し残念。

    ただ、「大きな大きな窓から見える雪化粧したモンブランをバックに静かに振る雪」
    を見ながらのサウナは絶品。あれは、反則。しびれます。


    そういうわけで(なぜか)同系列スパを3つ体験した人はなかなか稀で、
    私はラッキーが重なって行けた機会があったことはとてもよかった。

    最後に、こういうレベルではないけれど、もうひとつオラが村のスパを。

    先日行ったコモにあるスパ。Wet Life
    wetlife.jpg
    Wet LifeのWebサイトへ → www.wetlife.net/

    アモーレが同僚に教えてもらったスパ。
    ロンバルディア州が運営するスパ・スイミングプール・ジムがある施設で、
    スパも本来の意味の濃い、治療のようなスパで風呂ごとの使い方を説明してくれるトレーナーも居る。
    入場は時間性で3~5時間で30ユーロ前後、バスタオル、サンダル等は持参の事、
    BIOフードなし、ハーブティーのみ提供、プールの種類も他よりは少ないという意味では他のテルメより高い気がするが、
    小さくても館外サウナ&テルメもあり、
    なによりテルメでリラックスした後の帰り道がうちから車で30分弱。
    ミラノのテルメのように一歩出たらストレスにさらされるわけでもない。
    リラックスした身体でゆったり運転して我が家に帰れる場所。


    決してわざわざ遠方から来る場所ではないが、コモでの自然遊びに飽きたら行ってみてもいいかもしれない。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    わたあめ 
    すぅてぇきぃ~!!!
    いいね!なんて素敵なんだろう。
    こっちもテルメはいくつかあるけど、そう、若者がいちゃついてるの。
    このお湯、いろんな意味で大丈夫か?と心配になってしまったりもする。

    でも本当、ヨーロッパのテルメは素敵☆
    2012/11/13 22:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette 
    いやん、素敵!しかもおしゃれだね~。
    ドイツとかオーストリアのスパって療養温泉みたいなイメージ(爺婆多し)があるよ。行った事ないけど(笑)
    実は年末にオーストリアのスパ予約してあるので、爺婆多いか確認してくるよ!(笑)プールなんかは入らず読書三昧だけど。
    2012/11/14 00:31 * URL [ 編集] | TOP↑

    yumi 
    な、なんてオサレなっ!!!
    Naviaさん、こんな素敵なテルメに慣れているならば、家の近所の泥温泉なんて、現代と紀元前くらいの差がありますよ・・・!!!
    こんな素敵なテルメで1日ゆっくりしたいものです~。
    あぁ、早く日本の温泉につかりたい~・・・
    2012/11/14 00:50 * URL [ 編集] | TOP↑

    なおこ 
    Naviaさん、温泉にもいろいろあるんですね。わたしはBagno di Romagnaの入場料26ユーロに高いと驚いたのですが、北イタリアの方が物価が高いことに加えて、お食事も軽く楽しめるので、お値段がいいのでしょうね。

    自然も楽しめる下の三つ目の温泉が、いつもわたしたちが行くタイプに一番近そうです。緑の山が温泉プールから見えてリラックス、そういう温泉が心も一番くつろげる気がするのですが、そういう場所に行く時間のない方には、このミラノの温泉、ひととき別世界でくつろいで、ぜいたくな時を過ごせる、とっておきのところですね。
    2012/11/14 07:46 * URL [ 編集] | TOP↑

    ちゃこま 
    わあ〜、どれも行ってみたい!!!
    私は温泉が大大大好きで、ヨーロッパ旅行のプランをたてる時でも遺跡や観光地や買い物は無視しても温泉を軸にルートを練るんです:-)

    4月に行った北伊旅行ではMeranoとSirmioneを旅行先に練り込みました。Bormioそのときは知らなかったけど地理的にいうとMeranoと同じようなところにあるのかな。温泉から広大な自然を眺められるというのではないですが、ドイツ語圏で建物なんかもまるでイタリアって感じのしないオーストリア風で料理も山岳チロル料理で街には花が咲き乱れててごみ一つ落ちてなくって、とても快適な滞在でした(お勧めです!)♪

    ところで、スイスでまず度肝を抜かれたのですが北伊(南に行くと違うらしいので)もサウナは原則”ヌード”ですよね(Meranoはそうでした、、、)。ここオーストラリアではヌーディストビーチデビュー(?)もしている私、でもサウナですっぽんぽんにはなんだか抵抗あって私は待機組で主人だけが楽しんできました(今一緒にプール(温泉)で泳いでた人に目の前で水着脱がれちゃうとどぎまぎ、しません???)。ナビアちゃんはいっこうおかまいなしのすっぽんぽん族ですかー(笑)?
    2012/11/14 12:39 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    そういえば、行ったことなかったです、テルメ。
    山へ行くというと、登山で、温泉まではアタマ回らなかったわ…。でも、登山のあとの温泉って、気持ちいいでしょうね。ドイツのテルメって、なんか日本の風情がある温泉とは、趣が違うんですよね。なんか、あったかいプールのような。
    プールは苦手なので、寄りつけないイメージがあります。

    「テルマエロマエ」っていう映画が面白いと聞いたんですけど、ご覧になりました?
    観たいなー。
    2012/11/15 22:17 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆テルメ 
    わたあめさん
    こっちのテルメって大きくて雄大な景色を見れるものが多くて、日本のもとっても素敵だけれど水着でのんびり入れるっていうのも魅力ですよね、あーまた行きたい(笑


    Setteさん
    プールに入らずテルメで読書ってさ、すんごいヨーロッパ人だわあなた!(笑 どんなんだったか教えて~!冬とか雪とか降って綺麗なんだろうなー♪


    yumiさん
    カラブリアの泥テルメは行ってみたい!!この系列のテルメは本当にオサレでテンション上がるんだけど、カラブリアのテルメもとーっても楽しそうで見ているだけでテンション上がる!!


    なおこさん
    私ももちろん!この値段はとても高いと思います!ただこのあたりでは選択肢が少ない中、全て込みで40だといいかなとか納得してしまう自分がこわいです(笑
    なおこさんたちは度々テルメされているのですね、私は年に1度か2度がやっとです。あーサウナだけでも格安でのんびり入れる場所がほしいなー。


    ちゃこまさん
    そんなに温泉好き?(笑 Sirmioneは有名ですよね、行ったことないですがお勧め場所なんですね!機会を作って行って見ます!! 下にコメントくださっているMichieさんがいろんな話でよく南チロルの景色の話をしてくださるので、Sirmioneに行く時は山を散策して温泉したいと思いマス。くーーー言ってるだけでも贅沢!(笑
    ところでヌードの話!!初耳です!!そうなんですか?だったらスイスのサウナは行けないな。。私は海で間違ってヌーディストになったことがあります。またその話は後日(笑


    Michieさん
    Michieさん、登山の後に温泉ってどうですか?もう贅沢なコースすぎて言ってる自分が一番うはうはしています(笑
    テルマエロマエ映画見たいんです!!
    実はアニメをこっそり見たんですよ。とても面白かったので、
    映画が見れるの待っているんです(笑
    2012/11/16 00:52 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    こないだ日本に帰ったときには、まだTsutayaには入ってなかったようで、観れなかったんですぅ。やっぱり、面白いんですね、あれ。義兄がおススメしてたんですよ。
    ますます観たくなっちゃった。
    2012/11/16 07:31 * URL [ 編集] | TOP↑

    kuyon 
    ボルミオ温泉って、とても景色が良いですね。心も体も癒されそうな感じがします。
    暑い夏よりも冬の温泉の方が体も温まって良いですね
    2012/11/16 21:40 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆Michieさん、Kuyonさん 
    Michieさん
    宣伝をYoutubeで見ただけでも見たくなりました、役者さんがはまってる感じが出てましたから♪私もう時期帰るんです、ビデオでてるかなー♪早くみたいですねー!


    kuyonさん
    そうなんですよ、心も身体も癒されました!!夏の青々した山々を見るのもきっと素敵でしょうが、冬の雪の中の温泉は顔がにやけてしまうぐらい感動しました!


    2012/11/18 08:20 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。