スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    私がちょっとかっこ悪かった話

    2012-11-16 21:36 / Category: イタリア生活☆見聞録
    IMG_0354.png
    @Comoの中心地


    メルカート(朝市)ではいつものように青物野菜を持ってきているオジサンが居て、
    あのオジサンの野菜は美味しいから、いつものようにシニョーラたちが群れていた。

    「群れている」というのは日本語の言葉としては正しいのだけれど、
    イタリア人的にはそれでも並んでいるつもり


    イタリアで並ぶということは、目の前の群れを顔ぶれを確認するということ。
    そして、その顔ぶれの最後が自分だと思えばいい。
    私もそうして自分の順番を待っていた。

    3,4人去る頃、群れは新しい人で新しい群れとなる。
    私の順番が近づいてくる。
    いよいよ私の順番かという頃、左脇にいたシニョーラがフライング注文して

    「えっと、ほうれんそうと、」

    と言い出してオジサンの顔をのぞいている。
    オジサンは「待って、今このお客さんのお支払いが済んでないから」といった目配せをした。


    私はこのオバがわざと割り込みしてきたのだろうと勘付いた。
    私のこの意見が意地悪に思える人も居るかもしれない。
    でも、私も主婦の端くれ、野菜を並んで買う身としての直感。

    たぶん白髪のシニョーラたちの園のこの青菜屋、私だけ若く、そして外国人。
    私が文句を言っても無視して跳ね除ける核心があったのだろう。

    悲しいがそういうことは度々あることで、その度に私は譲るか自分の番を死守して戦うべきか迷ってしまう。
    「今日こそは!」と心に決め「失礼ですが私です。」と言うと、その後必ず痛い目にあう。

    「そうですか、すみません」なんて素直に譲ってもらえることなど皆目ない。
    私は正しいことを言って、そしてカチンと来ることを言われて悲しい目にあうことのほうが圧倒的に多いので、この日も、


    このオバ。。。いいか。1人ぐらい。



    と心の中で頷いてこのオバに自分の順番を譲った。
    割り込みオバが 「ほうれん草を~」


    と言いかけた時である。


    私の後ろのオバ軍団が、一斉にちょっと待った!とブーイングになった


    オバA「ちょっと、あなた最後に来たくせになんでこんなに早く注文してるの?」
    オバB「おかしいわよ、あなた!私たち並んでるのよ!
         (繰り返すが、こういう状態を日本語では「群れてる」という。)」
    オバC「このシニョーラ(私)が1番、次は、オバA,オバC,オバB,オバD~~~、そして最後にあなたよ!」

    割り込みオバ「私だって並んでたわよ。時間ないんだから早く注文させてよ、うっとうしいわね」

    オバD「並びなさいよ、Maaaaaaa、あなただけが忙しいと思ってるの??私たちみんなですけど??」

    オバの輪唱「そうよ、ねーーー!!」


    割り込みオバ「ばかばかしい。私は並んてたわよ。欲しいものも少しだけなんだし早く注文させてちょうだい」


    オバA「ちょっと、あなた(私)!あなたが一番被害者なんだから何か言ってやりなさいよ」



    えっ。。。?? 私??? 振られた!!!

    今はユルスモードにしちゃったから言葉が出てこない、どうしよう。。。
    でもほんとに言いたい、割り込みオバに言ってやりたい!! ととっさに思いついた言葉


    「そ、そうだ。そうだ!オバ軍団が正しい!」



    (笑



    だめだめ、これだけではカッコ悪い、私の怒りが伝わらない!
    文句言ってやるぅぅぅ!!!


    と鼻息荒く出てきた言葉
    「みんなの言うとおり!! 私はここに居ましたもん!!」


    と、、なぜか状況を説明している自分が居て(笑



    割り込みオバにどれだけ私の怒りが伝わったかは分からないが、
    「やってられないわ、ぷんぷん」と去って行った。





    その後の青物屋さんには不思議な一体感が流れていた。
    私が買い物の間、オバ同士は割り込みオバを追いやった満足話に花を咲かせていた。
    私立ち去る際、オバ軍団の1人1人が「よい1日をbuona giornata!」などと笑顔で挨拶を交わしてくれた。



    メルカートを出ると太陽がすがすがしく見えた。
    まるで何か大きな敵と戦って勝利した時のような満足感。

    あー、喧嘩することも素晴らしい(笑


    オバにいけずされ、オバに救われたある日の朝。

    手に入れた青野菜を抱えながら何でもない買い物の時間がちょっと色づいたこと感謝した。

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    mousecolor いろいろ考えさせられてしまいました。
    Naviaさん。こんばんは。
    またコメさせていただきます。
    とても参考になるエピソードありがとうございます。
    やはり知らない土地でよその人が主張するのは難しいですね。
    並ぶといえば、日本ではだいたい
    きちんと一列ですが、群れているとは。
    それでも順番をわかっているところが
    すごいですね。所変われば習慣も違いますが
    知らない土地でのこれは私だったらとてもきついです。
    でも郷に従えということですかねえ。
    いろいろ考えさせられてしまいました。
    また訪問させていただきます。
    2012/11/16 22:14 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette 
    いいじゃんいいじゃん、説明でも(笑)急にふられるとどもっちゃったりしたがもつれちゃったりしちゃうけど(これがカッコわりいね)しっかり言えたなら♪♪
    「群れてる」って(笑)EU とイタリアの比較の動画思い出しちゃった(笑)イタリア人ってたいてい順番わかってるものなの?
    2012/11/17 00:14 * URL [ 編集] | TOP↑

    yumi 
    こういうシーン、イタリアの日常ですね~。
    特に郵便局(私が行きつけの郵便局は番号札なし)でも、スーパーのレジでもこういう場面に遭遇します。サササッとやってきて、スっと抜かして、「あのーすみません。私が先なんですけどー。」と言うと、笑顔で「あら、気づかなかった、ごめんなさい」という人も多くないですかー?!
    うちの近所はほとんど顔見知りだったりするので、そういう後々関係が崩れない程度のフルビが多いです!
    そういう一緒に戦ったシニョーラとは仲良くなれそうですよね!またメルカートでそのおじさんから買うときに会いそうだし♪

    その「群れてる」って最適の表現!!!
    2012/11/17 01:22 * URL [ 編集] | TOP↑

    chiho 
    こんにちは。コメント有り難うございます♪フィレンツェのchihoです。そうそう、GASってGRUPPO DI ACQUISTO SOLIDALEの略なんですが、いつも「このSが大事なんだよっ!」って皆で言っています。まあGASモドキもたまにあるようですが(笑)楽しいですよ~。
    2012/11/17 02:57 * URL [ 編集] | TOP↑

    ちゃこま 
    イタリアって暮らすにはすっごく神経を太くしてないといけなそうな国なんですね。横入りが日常ってすごい! でも私だったら絶対戦闘態勢かなあ(笑)。言ってダメでも言いたいこと言わないままだとその後の一日がもんもんしてしまうっ☆

    こちらだとデリで並んでいた場合、たとえ店の人が「お次はあなた?」なんて順番間違えても「いいえ、こちらのレディが先でしたよ」って必ず聞かれた本人が言ってくれるし、すでにこちらが先にいてサービスされてて待っているような時でも「あなた、大丈夫(もうアテンドされてるのよね)?」って必ず確認してから自分の注文するのが普通です。

    でも今回は、強敵オバゴン相手にその他オバ軍団と束の間の連帯感と達成感を味わえて良かったですね♪ イタリアで泣きを見ずに暮らすには多重人格でいかないといけないのかなあ、、、。大和撫子七変化、とも言いますからね、がんばれ、なでしこナビアちゃん!
    2012/11/17 10:38 * URL [ 編集] | TOP↑

    なおこ 
    Naviaさん、こんにちは。そうそう、たまに横から入ってくるマナーの悪い人、いるんですよね。それを皆で教育しようとタテになって、見逃さないこと、大切だと思います。こういう人は、きっといつも割り込んで、それで皆に迷惑をかけつつ済ませてきているのだと思うので、こういう機会が続けば、次回からは、割り込みが少なくなることでしょう。他の方たち、親切でよかったですね。

    わたしも、たまにバールなどで割り込みされそうになる/されることがありますが、売り場や診療所の受付では、ペルージャでは、新しく来た人が、「最後の人は誰ですか?」と聞くのが慣習になっているので、少し楽です。
    2012/11/17 18:39 * URL [ 編集] | TOP↑

    パナッタレ 
    記事の内容と関係ないけど、コモ中心部の写真、ほんとにオーストラリアと正反対ねぇ~。

    こっちなんてさ、高い建物がなさすぎというか、道が無意味に広いというか、とにかく、「圧迫感」というか、「建てこんでる感」がなさすぎて、空部分がヘンに多くてね、さすがに慣れたけど最初は落ち着かなかったよ。

    スコーンとしちゃってさ。「見上げる」ことなんてないし!ひらけすぎちゃって、スースーします。

    この、列を作らないシステム関連のまったく同じような状況、インドでイヤというほど体験したわ。あんな面倒な状況、もう二度といや。

    こっちも、日本に比べりゃ並ばないけど、それなりになんとかなるレベルだからね、
    2012/11/17 21:50 * URL [ 編集] | TOP↑

    Masami 
    イタリアの並び方って、もう慣れだけどホントちょっと不思議ですよね(笑)

    私は、基本は皆良い人なんだわーと思っているので、
    周りの「次はあなたよ!」と言われるのを待っているのですけど、
    もしかしたら抜かされているのかもしれませんね(笑)

    コモのこのおば様達とnaviaさん、
    次回道でバッタリ会ってももう微笑み返す間柄ですね^^
    2012/11/17 23:51 * URL [ 編集] | TOP↑

    わたあめ 
    わかるぅぅぅぅぅぅぅぅ。

    ドイツ人ね、順番待てないの。本当に「お前ら正気か?」ってくらい、待てない。
    んで、「私が先にいましたけど?」っていうと
    「見えなかったわよ!」といいつつも後ろに並びなおさない。
    だからわたあめは聞こえるように子わたにいう。
    「あのおばあちゃんね、おばあちゃんだから仕方ないの。もうすぐ死んじゃうからね。急がないと」
    って。超下手なドイツ語で。
    かなり失礼な言い方だけど、失礼なことをされたから私もやり返す。
    それで文句を言われたら
    「いえ、どうぞ。お先短いですし。」
    とにっこり笑う。
    でも捨て台詞は絶対言っていくけど。ドイツ人。
    2012/11/18 07:09 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆オバ軍団1 
    mousecolorさん
    コメントありがとうございます。そうですね、いろんな郷があり戸惑うことが多々ありますが郷に従うことは大事だととても思います。郷を守りながらそれでも自分たちが身につけてきた美徳も保てたらなーなんて思っています。いろいろ、考えさせられることがありますが、ほんと人って面白いですね!


    Setteさん
    あったねー、あの動画、イタリアそのままじゃんって感じだよねー(笑 朝のバールでもみんな同じ飲み物注文しないから、ほんとなんだから(笑


    yumiさん
    郵便局と言えば!先日並んでいたら(お客さんは閉店前で、私の前にオバサン1人だけ支払いをしていたので番号札をとらなかった)、私より後から入ってきた女性が番号札をとったんです。で、番号持ってるから私が先でしょ、って先に行って支払い用紙を出して財布を開けだしたんです。働き盛りのそれほど歳でもない女性でした。私は抗議したんですが、局員さんが、お客さん居ないし、すぐ終わるからって、その女性から処理したんですけどね。
    局員さんも前の人の処理の最中、私が見えていたはずなんですけどね。ごり押し勝ちだなと思いました。


    chihoさん
    早速ご訪問ありがとうございます。つい先日からGASのリストが送られてくるようになって、ほんとうにいろいろあるんだなーとリストを見て楽しんでいます。今のところコモ産の野菜やチーズを中心に購入しています。それから、地震で出荷できなくなったパルミジャーノもいくつか購入しました。こういう活動は本当にすばらしいですよね。
    2012/11/18 09:12 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆オバ軍団2 
    ちゃこまさん
    戦闘モードちょっと分かる(笑 私は海外からイタリアの空港に着いたら気持ちがちょっぴり戦闘モードに切り替わります(笑
    でも日々の生活ではやっぱり抜けているところが多々あって、ついついひいてしまいがちです。それでもがんばって言えるようになったほうです。あと10年もすればイタリア人並みに人をよけてるかも?(笑
    ところでそちらのデリではすごく礼儀正しいんですね。譲る精神があるんですね。心がやさしくなれますね。なんか、外国って感じでいいなー(笑


    なおこさん
    こんにちは!そうですね、そういえばお医者さんの時ぐらいですかね、最後の人を聞くのは(笑 そして、毛糸屋さんとか小さいお店では確かに最後の人を聞いてくれますね。それがスーパーや大きいお店だとすぐにその秩序が崩れる。あれはナゼなんでしょうね。なにか趣味がある人が集まる店(場所)方が礼儀正しいのでしょうかね(笑


    パナッタレさん
    吹き抜けまくる風かー。その平たんな感じがいいんじゃないの?だからオームもくるんだよ!(笑
    あ、インドと一緒?分かる。言ったもん勝ち、試したもん勝ちのあの常に出し抜くシステムが頭にあるのってやっぱりDNAだよね。


    Masamiさん
    Masamiさん、誰かが言ってくれるの待ってるんですか!
    なんていい人なんだー!そうそう、そういう気持ちで構えてないとストレス溜まりますよね、こっちの順番待ちは!
    すばらしい!!
    ほんとコモのオバサマ軍団、仲間に入れてもらうのもアリですね(笑


    わたあめさん
    意外意外!!すごく意外!!なんか、すごくそういうの気にしそうな民族に思えますよ?
    それにしても、わたあめ攻撃、直撃過ぎてコワイんですけど(笑 その場にいたら私絶対、泣き顔でコワイよーって店出てますね(笑
    私もね、今回のようなエピソードはちょくちょくあるんですが、
    イケズなこと言われて自分が泣きそうになったら、こいつう○こ踏め!とかバナナで滑ってしまえ!とか願をかけてしまいます。
    あー、だめだめ。マイナスなパワーはダメ!って後で思うんですけどね。
    私がサマンサだったら唇動かすだけでちょっと仕返しできたのに!
    2012/11/18 09:33 * URL [ 編集] | TOP↑

    KAY 
    わたあめさんのコメント私も意外に思いました。ドイツ人って整列するの好きそうですもん。
    もちろん、フランスも順番抜かしは日常茶飯事。スーパーのレジで「私1個しかないから先に行かして」って言われたときは「私はいいけど、後ろの人に聞いてみて」と言います。別に私は一人くらいいいかあって思うけど、それを許すと限りなく後回しにされちゃうっていう危険はありますよね。
    2012/11/18 20:15 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette 
    わたあめさんのコメント、思わず笑った(笑)
    多分イタリア人よりは並ぶだろうけど(笑)、レジとかで横入りは結構いる。後は、ドアが待てない。地下鉄とかで私がドアを開けるじゃん?するとね、開けた私よりも先に降りようとする人が結構いるんだよ。「気が利かない男。お前彼女いないだろ」とか心の中で毒づいてます。・・・あ!私もネガティブなエネルギー!でもでも、感情は感情で、抑えたからってなくなるものじゃないので、心の中くらいはいいんじゃないの?(笑)
    2012/11/18 21:51 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    ドイツ人、油断すると、順番抜かしますよねぇ。
    でも、私が買い物をするところが、どっちかというと田舎なせいでしょうか、あんまり悪質なのは、ないですね。
    「私が先に並んでましたよ」って言ったら、ワリと引きさがってくれる率が高いです。
    でも、ドイツ人女性って、キツイ人が多いような気がしますよ。
    前にスーパーで、買ったものをベルトコンベアーに載せていたら、横のレジで、こんな会話が聞こえてきたんです。
    オジ「僕、一つしか買わないから、先に支払いさせてもらえないかな?」
    若い女性(子供連れ)「ダメよ!みんな並んでるの!あなただけ特別なんて、ダメダメ!」
    そのオジが、性格悪そうだったら、放っておいたんですが、見ると優しそうな、フツーのオジサン。
    なので、私が「こちらへどうぞ」って譲ってあげたんです。そうしたら、どうもありがとう、とにこやかに言って、「全くもう、ドイツの女ときたら!」って捨て台詞。
    それに反応したのが、私の前に居た女性。
    彼女は、呆れたように笑って「うーん、まあねぇ、人にもよるわよ…。彼女、イライラしていたのね」的なことを言って、私やオジ、レジのおばちゃんと、うなずき合い。

    …ま、色んな人がいますよねぇ。

    2012/11/19 04:45 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆ドイツ人並ばない? 
    KAYさん
    やっぱりイタリア人とフランス人は同系ですねー。としみじみ思いました(笑


    Setteさん
    私もフイタ(笑 その地下鉄のようなジェントルマンからかけ離れた人、こっちにも居る、分かる! ますます意外だわ。なんかドイツ人ってそういうイメージなかったから!(笑
    そうね、心の中で唱える分にはよしとしてもらおうか、マイナスエネルギー(笑


    Michieさん
    まっ!ドイツでは油断したら抜かされるなんてMichieさんまで!(笑 そういえばイタリア人女性もきつい人多いです、(え?もう知ってるって?(笑 )、どうぞどうもが自然と出来る国って本当に少ないものなんですね。ほんといろんな人がいるものです(笑
    2012/11/21 02:36 * URL [ 編集] | TOP↑

    Micchy 
    ダメだ・・・おかしすぎてお腹よじれそう・・・。イタリアのマダムってどんだけすごいのかこれでよくわかったけど、なんかこの雰囲気って大阪のそれとよく似てないかね?大阪のおばちゃんもこんな感じだよね。私だったらどうするかなあ、とりあえず割り込まれたことがないんだよね、多分それは体がかなり大きくてあっちの人間に引けをとらないからっていうのもあるかもしれないんだけど、「横入りを平気でする人を観察する」楽しみというのがあってね、その日のキゲンによるけど、余裕があるときは「まーいいわー」ってスルーすると思う。余裕がないと「ちょっと!私並んでるんだけど?」ってやる。でも人にも寄るよね、だって前に空港の税関出るところ、もう殺人的に混んでて、みんなヒステリーバクハツ寸前(あるいはもうバクハツしている)だったんだけどさあ、その時、チャイニーズのおばちゃんがグイグイ横入りしてきて。そしたら他のオージーのおばちゃんがキレて、ちょっと!横入りヤメテよ!となったんだけど、次の瞬間、横入りしたチャイニーズのおばちゃんはマッハ1くらいの速度でキレて、中国語でうわーーー!!ってまくしたててるわけ。とりあえずなにゆってんだかわかんないんだけど、怒ってることは誰の目にも明らか。でですね、どうなったかっていうと、横入りして中国語でどやし返したチャイニーズのおばちゃんの思惑通りになったという・・・間違っていたとしても、それが通れば正義になる瞬間を見たね。そしてオージーは、イギリス系でやや冷淡なところがあり、そういうときに「そうだそうだ!お前は間違っとる!」という野次馬が出てこないのよね。私は、あの野次馬によってドラマが生まれるので、結構好きだから、率先してやる方(笑)。ケンカとか「やめろよ、やめろよ」とか言いながら率先して参加してるような人。集団で(しかも他人や)団結して何かを成し遂げるカタルシス、結構ハマるよ、あれ(笑)。
    2012/11/21 20:31 * URL [ 編集] | TOP↑

    Micchyさん@腹よじれー(笑 
    私大阪出身なんですけどね、ええ、まぁこんな感じなとこありますね(爆
    あ、分かる、その日の機嫌によるってところ(笑
    で、そのチャイニーズのおばちゃんのようにキレタもん勝ちな法則は、イタリアもあるなー。Micchyさん、ヤジドラマ好きなら1ヶ月ぐらいイタリア留学がお勧めです。そりゃー毎日濃いードラマが見れてMicchyさんはまっちゃってオーストラリア帰れないかも(笑
    例えばアメリカ人とか明らかに「えー、外国人だなー」的な豪快なアメリカン技を持っていたりするけれど、イタリア人ってそういう豪快な型破り的な話はあんまりないような気がするんですよね、でも「ちょっと、それ馬鹿にしてるやろ?どー考えてもそれおかしいやんかー?」っていうレベルの話はごろんごろんです(笑 なんというか野次が飛ばせる「おかしいやろ、それ」がいっぱいです。
    2012/11/23 00:59 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。