スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    健康診断・尿カップ・ワンカップ

    2012-11-22 20:02 / Category: イタリア生活☆見聞録
    DSCF7419.png
    ここはコモの中心地のかわいらしい広場piazzaの1つ
    とある大手銀行のコマーシャルでこの場所が使われていたのを見て、
    「あ、コモだよ~」と嬉しくなった。



    健康診断に行くには
    ホームドクターに健康診断の問診表を書いてもらう →
    病院に予約する(検査受付時間は平日の7:30-9:30 って短かっ!) →
    当日の朝、6時45分頃を目指して群がる(いつもどおり、これでもイタリア人的には並んでいる)→
    病院の扉が開くと、上手く群がった人から番号札をとり(8番に並んだから8番目の番号札がとれるとは限らない) →
    検査代を払い(治療費は基本無料だが、自己検査などのチェックは有料)、検査に呼ばれるのを待つ。

    つまり予約というのは、あくまでの人数枠に対しての予約だったので、結局早起きして並ぶんだよなー(笑


    ところで検査対称の尿検査。
    尿は朝一のとりたて尿を家から持っていくのがこちらの基本。
    その為、薬局には尿検査カップが売られている。
    ヨーグルトカップのような容器にねじり蓋がついていてもれないようになっている。

    検査の朝、洗面所にあったアモーレのとれたてカップを見て驚いた。

    125cc入る容器に、110ccぐらい入っている。





    なぜ、こんなにたっぷり???
     ぷぷぷー、アモーレ、尿検査の尿はこんなに要らないよー!!




    と朝から思いっきりつっこんで病院に行くと、
    カバンに入れたくない人も多いのだろう、多くの人が尿カップを手に持っている。
    尿カップのままの人も居るし、それを透明のビニール袋に入れて持っている人も居る。

    並んでいると手に持つみんなの尿が良く見える。
    不思議な光景(笑


    もっと不思議なことはオオゲサでなくほぼ全員が、
    125ccカップに100cc~135cc(カップの最終目盛り上)しっかり入っていて、
    まるまるワンカップが尿。。。
    みんななんでそんなに満タンカップなの???


    人が動く度に手にした尿も揺れる。ちゃぷちゃぷ揺れるたくさんの尿カップ。
    なみなみカップの揺れる尿の波を見ていたら、もうおかしくなってきちゃって。


    みんな気合十分満タンだけど、検査にそんなに尿要らないし!!!(笑


    揺れる満タン・ワンカップを見て何度も心で突っ込んでみた。

    私の尿カップはカバンの中。
    尿は自然現象、こうしてたくさんの人がちゃぷちゃぷ揺らしているのだから恥ずかしがることではないのはよく分かる。

    ただ、人様に尿を見ていただくのは最小限にしたいと思う、
    意外と恥ずかしがり屋さんな一面が自分にあったんだなーとこの年で知ったワ。

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    yumi 
    検査に辿り着くまでも長いですよね。予約も先になるし・・!
    確かに尿カップ大きいですよね。私も膀胱炎の検査かなんかで、出した事あります!
    この写真の黄色い建物のカフェ!確かここでお茶しませんでしたか~?!!!似てるところいっぱいあるから違うかもしれませんけどっ!
    みんな尿カップ持っていても、私も紙袋に入れるとかちゃぷちゃぷ見せないと思います・・・笑。いろんな事気にするイタリア人でも、そこは大丈夫なんですねぇ。ま、みんな持ってるし 笑
    2012/11/22 20:21 * URL [ 編集] | TOP↑

    yuki 
    前に血液検査をしてもらうラボで待っていた時のこと。1リットルは軽くあるんじゃないかという入れ物を持参していた男性がいました(笑)しかもビニールとか無しで。

    一体何の検査に使うんだろうか・・・それよりもどうやってそんなに尿がでるんだろうか・・・1回分じゃないの?なんて、他人事ながら思っていたのを思い出しました。あ、時間は違えど、またyumiさんの下(しつこい。笑)
    2012/11/23 00:09 * URL [ 編集] | TOP↑

    Masami 
    なるほど、イタリア人の多くは尿を検査カップに一杯一杯入れて持っていくのですねー!
    今までに、「尿はあまり要らないですよ!」と言われたことがないのかな?!(笑)

    あはっ、私もやっぱり尿をカバンに忍ばせるタイプかな?(笑)
    naviaさんが突っ込みたくなった気持ち、大いに分かります(^^)
    2012/11/23 00:48 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    タイトルの、「ワンカップ」というところで、お酒の話…?って思っちゃった。
    あの、ガラスのワンカップ酒が頭に浮かんでました。

    yukiさんが書いてらっしゃる、大きな尿タンク、私も見ました!多分、糖尿病の患者さんなどで、腎臓に病気のある人の検査ではないかしら。
    っていうのは、義父が長く糖尿病を患ってて、もうすぐ透析の必要があるか、ないか、という瀬戸際なんです。
    で、夏に家に行ったときに、お手洗いのそばに、この巨大な尿タンクを発見し、最初は何かわからなかったですね。
    義父は、腎臓の検査、私は別件だったんですが、方向が一緒だったんで、同じクルマに乗って行ったんですけど、そのときに、彼が大事そうに、この尿タンク持って(外からは見えないビニル袋に入れて)持っていったんです。
    こんなにたくさんの尿を持って行くんだーって、ちょっと驚きました。
    1回分…??ほんとね、不思議ですよね。
    訊けばよかった。溜めてあったのか、1回分なのか…。

    2012/11/23 15:44 * URL [ 編集] | TOP↑

    Micchy 
    日本だと尿検査は当然家から持っていく必要なんてまるでない。しかもみんな自分の出したもんをようそんな人様の目にさらして平気だねえ。見たくないわよ?そんなもの!しかもそんなオンパレードに並んでいたら、血尿の人も一人や二人いそう・・・と、ここでミッチーは思った。この調子だと便検査の場合はどうなっているのか、と。ちょっと昔にはウ◯コをマッチ箱に入れて、というのがあって(かなり昔か)、今はスティックを突き刺して、その部分を提出するようになってるよね、日本は。そっちのお国はどんな感じなのかしら、と、どーでもいいことに関心がつい行ってしまう私。それにしてもいちいち病院に行くのにクソ面倒くさい目に遭うというのは、日本以外はどこでもみんな同じみたいだね。なんかヤバイかもしれん、という時には日本に帰るしかない、だって間に合わないんだもの。
    2012/11/29 18:41 * URL [ 編集] | TOP↑

    よっちゃん 
    イタリヤでワールドサッカーが開かれた年にイタリヤの北部の農家を研修旅行の一つで訪れたことがあります。
    イタリヤとスイスの国境で検索したら出会いました。
    素朴な人たちでとても印象が強く残っています。
    いいところですね!
    2012/12/18 21:21 * URL [ 編集] | TOP↑

     承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2013/01/07 00:07 * [ 編集] | TOP↑

     承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2013/01/09 02:08 * [ 編集] | TOP↑

    尿カップ!☆大変遅くなりました!! 
    yumiさん
    そうだったかも!いや違ったかな?(笑 次回はうちへ遊びに来て泊ってください、その時にカフェをもう1回見にいこう!(笑


    yukiさん
    うん、確かにMichieさんの言うとおりそれって腎臓系の検査かも!臓系だと1日分取得した水分量とかのチェックも厳しくて尿の検査も必要だったりするんですよねー、腎臓の病気で入院したことあるからなんとなくピンときたよー


    Masamiさん
    ねー!みんなちゃぷちゃぷ手にもって、それぞれの尿の色を世間様に見せることは自然現象だからいんでしょうかねー(笑 私ってそういうとこすこぶる日本人ですよー(笑


    Michieさん
    御義父様がもうすぐ透析かっていうのはとても気になりますね、うちも身内が同じような状態で本当に食事と疲れには最新の注意を払っています。
    やっぱり塩分は最大の敵なんですよね。御義父様が食事制限をしっかりされて今の腎臓でずっとやっていけること願っています。ご家族もご注意、がんばってくださいね!


    Micchyさん
    うん、確かに便検査、すごい古いシステム使ってそう。
    それもパテかっ!ってぐらい満タンに入れるんだろうな。。。
    私も検査の度に思いますよ、やっぱり日本のシステムはちゃんとしているなって。そりゃ診察にお金を払うけれど
    信頼できる。病気になって不安なときに、病院が信用できないって、病気が余計悪化しそうですよね。。。


    よっちゃんさん
    はじめまして、お返事大変遅れてすみません!!
    北部の農村へ行かれたんですか、ステキな経験ですね!
    私たちでも普段は農村に行くことは少ないです。でもやっぱりああいうところはいい意味でイタリアのいいところがが濃くのこっていていいですよね。
    コモは町半分、山半分といった印象で町はほどよく小さくいい意味で田舎です。イタリアでは普通、南へ行くほど人が温かいといいますが、コモはイタリアでも北部の土地。それでも愛らしい人たちが居て、そういう意味でも田舎要素があっていいなと思います。
    次回イタリアへ来られる際はコモへも足を運んでみてください。ジョージクルーニーの別荘があるので(もちろんうちの近辺ではないですけれど(笑)運がよければ会えるかも!(笑


    わ●●●さん
    新年おめでとうございます!!ありがとうございます、元気です!!で?で?行くんですか?それとも行ってきたんですか?えええーーー来週って今週?それとも来週?私も行こうかな、会えるかなー?


    ハ●さん
    こんにちは!はい、以前パナッタレさんのブログから遊びに行かせてもらいました!
    しばらく更新されていなかったのを覚えています。
    またお返事読みに遊びにいかせてもらいます!
    100シェケルかけて尿検査、半数以上が忘れる?ってすごくないですか??じゃ何をしに病院へ(笑
    やっぱり不思議の国ですね(笑
    2013/01/11 18:13 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。