スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    太陽の塔 イルミネーション2012-冬

    2013-01-15 19:56 / Category: ニッポン帰国 to 旅行

    「太陽の塔」

    1970年の大阪万博の際に、シンボルとして作られた
    「芸術は爆発だ!」の岡本太郎の代表アートの1つ。

    そう言葉にすると、何か「勉強する上で大切なアート」のようで
    少し遠く感じますが、大阪人にはとても身近なアートでありシンボルであり誇りです。


    もしかしたら同じ大阪でも大阪北摂エリアは「太陽の塔」が身近にあり
    その思いは格別かもしれません。

    小学校の遠足も、社会見学も、家族とのピクニックも、
    それから学生服の頃の、遠い昔の彼との思い出も
    私たちにはいつでも「太郎あり」でした。


    好き嫌い関係なく、常にそこにある存在。
    いつでも大きな身体でじっとたって、そしてどこか愛らしい笑顔を向けてくれる存在。
    「太陽の塔」は私たちにとって、鑑賞するアートではなく、
    いつでも慰めてくれて、自分を感じさせてくれる半ば拝めるアート。
    無くてはない存在です。


    そういえば昔友達と、「今日の太陽の塔の顔」を感じる遊びをよくしましたよ。


    太陽の塔をじっと見つめて、自分の考えていることを問いかけて
    太陽の塔が笑っているように見えると、この考えに自信を持って大丈夫、
    もし泣いているように見えると、改めなおせ、
    もし無表情なら、今考えていることなんてくだらないこと。


    建築物が笑うなんて?と思うかもしれないけれど、
    答えは全部自分の心の中。


    なんてメンタルな遊び(笑 大人になるまでの方がオトナだったわ(笑


    もし、大阪へ、そして太陽の塔を見ることがあればたったの数分、
    この遊び試してみてください(笑。




    この冬、数日間行われたイルミネーション点灯を見に行く機会がありました。
    やっぱり太郎、ブラボー!!

    P1050918.jpg
    月夜と太陽の塔

    taro1.jpg
    刻々と変わる3Dイルミネーション

    taro2.jpg

    P1050938.jpg
    クラゲが優雅

    taro3.jpg
    顔が崩れるように見えるライトのアート
    P1050976.jpg
    最後は花火で

    また太郎に惚れたワ!
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    micio 
    すごい!!太郎ここに健在!ほんま芸術は爆発だ!やで。
    でもそれがナビアにとっては心の鏡やってんなぁ。ええなぁ。
    2013/01/15 20:28 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    わーい。太陽の塔だ!
    私も大阪人の端くれ。太陽の塔を見て、懐かしくないわけがありません。
    遠くは、万博。…って古すぎ?
    当時は、太陽の塔の周りに、塔より低い囲いがありまして、塔が付きぬけているように見えました。
    今は、こんなきれいなイルミネーションで、みんなを楽しませてくれるんですねぇ。

    それにしても、メンタルな遊び(遊びといっていいのかしら?)なさってたのね。
    これって、結局決めるのは自分、ってことで、哲学的ですよね。
    2013/01/15 23:30 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆太陽の塔 
    micioさん
    太郎すごいでしょー!!ほんと芸術は爆発したまま眠らない!!大阪は観光資源が少ないから、心の鏡が少ないんですよー(笑 京都はたくさんあるから、micioさん、いろんな場所に鏡がありそー!


    Michieさん
    ねーーー!!やっぱり大阪人にとっての太陽の塔は特別ですよね!!
    太陽の塔を見ながら思い出したこの遊び。
    もともと、誰かが「太陽の塔、笑ってるでー」とか「めっちゃコワイ顔に見えるわー」なんて、遠足中に言い出して、こういう遊びを思いついた感じだったと思います。
    ということで大阪の子=万博に遠足に行った子 はかなりのパーセンテージでこの遊びやっていたかも(笑
    私も、「昔の方が大人だったな」なんて今回見ながら考えました(笑
    Michieさんは万博の中に入った人ですか?
    私たちの世代、万博前、万博後でちょっと世代分けしませんか?「万博連れて行かれたで」と「まだ生まれてなかったで」みたいな(笑
    今の20代は何で世代わけするんだろう?
    2013/01/16 20:17 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    行きましたともっ!
    いやー、すごい人でしたわ。
    学校でも、行った、まだ行ってない、の話題がいっぱいでね。特に、月の石を見てきたか、とか、どのパビリオンがよかったか、とか。
    でもね、子供心に、なんでこんな並ばあかんねん、天気悪いし(雨降ってたんです)とか考えてました。

    今の20代…。なんだろう。愛・地球博のモリゾーとキッコロ??
    2013/01/16 20:58 * URL [ 編集] | TOP↑

    kyotomodelforest 
    いや~。本当にかぶりますね。
    現チャリの練習は万博でしましたし。
    ガンバ大阪のホームですしね。
    見てきたものが本当にかぶります。
    後は私がイタリアに行けばいいだけか。。。
    無理だ。 退職後にしますわ。 笑
    2013/01/16 23:04 * URL [ 編集] | TOP↑

    micio 
    Michieさん達のコメントを読みながら、私はポートピア博覧会を思い出しました。私が行った日も雨が降ってたなぁ。
    ナビアの言う通り、京都ではいろんな所で心の場所見つけられるから、今度日本に帰ったら探してみて。わたしは学生のころ学校生活に行き詰ると、友達と御所の芝生に寝転びにいってました。
    2013/01/19 00:48 * URL [ 編集] | TOP↑

    kyotomodelforest 
    micioさん。そうですね。京都の人の心の場所は御所。
    しかし、今私は森林の仕事をしてますが、林業関係の飲み会で、本当の山のプロがちょっと嫌みに「公務員なんぞは本当の山で遊んだことがない」と言った、返事にうちの都会派上司は、「いやあ、森で良く遊びましたよ~。御所で!」。
    その場は、瞬間で 極北の地ほどの 寒さになりました 笑。
    でも確かに御所、下鴨神社、宝ヶ池の森で遊んだから、今、森林の仕事をしているのだと思います。
    2013/01/19 21:49 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆Michieさん 
    私モリゾーとキッコロが思い浮かばない。。(笑 月の石の話、よく聞きましたよ、それからロシア館とかフランス館とかあの頃は本当に外国は遠くて、初めての直接的な外国文化といってもオーバーじゃないくらいですよね、みんな外国人は綺麗でかっこよかったってみんながそう記憶しています(笑
    Michieさんは天気のわるい日に行ったんだ(笑 そんなことまで覚えてるなんて、さすが万博!(笑

    2013/01/22 00:01 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆kyotomodelforest さん 
    太郎に見守られて原チャの練習なさってたんですね!
    ほんと、見てきたものがかぶっていて楽しいですね!
    退職後なんていわずに、休暇にイタリア旅行なさってください!(笑
    2013/01/22 00:03 * URL [ 編集] | TOP↑

    micioさん、kyotomodelforestさん Re: タイトルなし
    micioさん、ポートピア、私も行った~!でもあまり印象がなくて大阪万博で働いてたこともある父には、「商業的すぎる」とかなんとか言ってるのだけ覚えてます(笑 
    やっぱり京都の人にとって御所の木々は大切な森なんですね。京都は吉田山とか下鴨神社とかやっぱり大切にされている木々があちらこちらにありますものね、そういう場所があるということはとてもステキですよね。大阪ってそういう場所がかなり少ないような。。コモは森ではないですが、山が多いんですよ、kyotomodelforestさん。あ、でも。。。森ってどこからが森?(笑 micio さんも山とか森が好きだから、この機会にお二人にお尋ねします(笑
    2013/01/22 00:13 * URL [ 編集] | TOP↑

    kyotomodelforest 
    森はforest.....ま、山です。
    林はstand ....ま、平野にちょこっとある木の群れです。

    御所なら どっちかというと林ですね。
    でも森のほうが宮崎駿ちっくで、ロマンがあるので殆ど森が多用されてます。
    現在、富山の砺波平野の屋敷林、防風林が林のイメージです。
    でも○○林というのは、古来から多用されてきているので現代の自然への渇望からくる森浪漫時代ってところでしょうか。
    2013/01/23 01:23 * URL [ 編集] | TOP↑

    kyotomodelforest 
    知り合いのイタリア人ともナポリでピザくって、一緒にサッカーして、マテラのサッシでコーヒーしばいて。。。。
    ってな話しをしてるんですがねーーー 笑
    2013/01/23 01:26 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆kyotomodelforest さん 
    森と林。
    そうですか、御所なら林という表現になるんですね。なんだか平地に人工的につくられたものは全て「公園」とか思い込んでいました、聞いてよかったです(笑
    あ、そうだ、森は確かにロマンがある!
    お知り合いのイタリア人との話しもなんだかロマンがある!
    そうそう、ナポリでピザ、マテーラでコーヒー、シチリアで野外オペラとグラニータ!うーん、ステキすぎ!
    2013/02/01 00:17 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。