スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ジャンゴDJANGO~スパゲッティーウェスタン

    2013-02-12 22:38 / Category: ブログ
    django.jpg

    「ジャンゴDJANGO」見てきました。

    アモーレはもっと正統派のマカロニウエスタン(イタリア語ではスパゲッティウエスタン)かと思ってた
    言っていたけれど、タランティーノで、正統派ってどうよ?(笑

    タランティーノ映画の暴力的シーンって私、意外とキライじゃなくて。
    あれはファンタジー、目を背けたくなるリアリティがない設定だからか、
    あのドライ感のおかげで血しぶきがあろうと、腕が飛ぼうと全部問題なく見れます(笑


    ストーリー
    賞金稼ぎとして働くDr.シュルツは、奴隷の黒人ジャンゴDJANGOを自分に協力を求めることを条件に解放する。
    その後ジャンゴDJANGOと旅を共にし、銃の才能を見抜くと、今度は彼の望みに協力することを約束する。
    DJANGOの望みは生き別れになった彼の妻を取り戻すこと。
    彼の妻を奴隷として買い取った悪地主の情報を掴むことが出来た-。
    地主から妻を取り戻せるのか。


    Django11.jpg
    ジャンゴDJANGOのジェイミー・フォックスのささくれ感とか
    Dr.シュルツのクリストフ・ヴァルツの今回もまたキレもの感とか

    Django21.jpg
    悪役のディカプリオのお金持ちの悪い人間感とか
    そのディカプリオに仕えるサミュエル・L・ジャクソンの卑しい感とか

    たっぷり堪能出来て、3時間ほどの長い上映時間はあっという間でした。
    奴隷描写や体罰描写もあるので、映画の後は「奴隷」について考える時間もあるでしょう。
    映画中、タランティーノお得意の昔の映画へのオマージュがいろいろあって

    「いやー、映画って本当にいいですね」

    と映画の後でスーツを来てにっこり微笑みたい気分だった。←だーれだ?(笑
    スパゲッティウエスタン、ジャンゴDJANGO。 かっこいい娯楽映画です。


    映画を見て多くの人が印象に残るのは、Dr.シュルツ約のクリストフ・ヴァルツじゃないかしら。
    映画「イングロリアス・バスターズInglourious Basterds」の、そら、えげつなく恐ろしいドイツ軍大佐のあの人、
    もう私、映画見ていてあのキレモノ具合に怖かったもの!

    今回もキレものだったけれど、あの時と全く違ってホレタ(笑


    それからディカプリオって賞が取れないことはハリウッドのイジメじゃないのかしら、いい役者さんですよね。
    悪役も本当に凄みがあるし、病気の役だって見入るし。
    でも私が好きな彼が持っている最大の魅力は、あの品のよさ。
    あの品のよさを生かした作品にまた出てくれたらうれしいなー。


    例えばミッキーロークがタンツバを吐くと見ていてこっちもオエーってなりません?
    ディカプリオのタンツバは、タンツバに見えない感があるんですよね。
    あれ?飴落としちゃった?みたいな、あの清潔感。
    ちなみにブラピはそういう意味ではタンツバを吐くとタンツバに見えるんですが、ブラピですからね。
    あばたもえくぼで許せる、オエーっとはなりません。

    あれ?私のバロメータ変?(笑



    ここイタリアでは言語上映の映画館は少ないです。 基本イタリア語吹き替えです。
    ミラノでは週に1度だけオリジナル言語 + サブタイトルイタリア語 の映画館もあるけれど
    コモではまだ聞いたことがないです。

    町の中心地の映画館が廃館なので、郊外のシネコンまで行きます。
    意外と中は日本のシネコンのようです。綺麗です。

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    sato 
    これこれ!!
    見たいんだけどねぇ~。
    子供たちとは行けないよね?
    1ヶ月ほど前、「Lo Hobbit」を見に行ったとき、予告を見ました。
    ちなみに、「Lo Hobbit」は本編に入ったとたんに睡魔がやってきて、中休憩まで爆睡(苦笑

    高校生の頃は、ホラー映画のハシゴもしていたくらいなのに、最近では映画館で寝ない日が無い・・・・苦笑
    でも、この映画がだったら、寝そうにないんだけどね。

    個人的にはやっぱり吹き替えはイヤだなぁ。
    本人の声がいいね。
    もちろん英語のヒアリングが完璧ではないので、日本語の字幕付きで(笑
    2013/02/12 23:13 * URL [ 編集] | TOP↑

    hiromi 
    Ciao!観てきたんだー!
    「タランティーノ映画の暴力的シーンって私、意外とキライじゃなくて。…」ってくだり、激しく同感!笑

    私もどちらかと言うと、暴力シーンとか苦手…血しぶきとかできれば見たくない。
    でもタランティーノだと…あら不思議?なぜか笑える。
    絶対うそやん、ありえへんやん、それ。(なぜか大阪弁、合ってる?)ってツッコミたくなるのよ(笑)
    2013/02/13 07:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    わたあめ 
    わたあめも観た~!
    でも、オリジナルで見た。
    英語、最初のほう全然聞き取れなくて、ドイツ語セリフのみ理解できた(笑)。

    うん、ディカプリオはアカデミー賞7回くらいとってもおかしくないのにね。
    2013/02/13 23:01 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    まだ観てないです~。
    タランティーノですもんね、すごいはずです。
    Naviaさん、ディカプリオがお好きなんですか。私、ビミョーなんです彼。
    昔の映画に、少年役で出てたのが印象に強いせいか、どの役を観ても、「ボク、がんばって背伸びしちゃってぇー」って気分になっちゃうんですね。偏見ですよねぇ。
    2013/02/14 06:07 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette 
    これ観てないんだ~、長いんで(笑)クリストフ・ヴァルツは素晴らしいよね。Carnage のすっとぼけた役も面白かった。きっとデカプリオ君は「タイタニック」がいけなかったんだと思うのよ。昔は演技で記事にされてたのにあれ以来アイドル化しちゃったし。ちょっとぽっちゃりはしたけど童顔の割りにいい感じに年取ってると思うわ~。
    ちょ、ミッキーロークだって猫パンチ(ボクシングデビュー)前のエンジェルハートとかはカッコ良かったんだよ(笑)
    2013/02/14 07:20 * URL [ 編集] | TOP↑

    パナッタレ 
    淀川?水野?どっち!?

    どっちにしても、世代がちょっとバレてるーーーー(笑)。

    ところで私は、タランティーノであれ、なんであれ、血っぽい映画はめっさ嫌いだーーーっ!ムリ。
    2013/02/14 07:58 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆ジャンゴ 
    satoさん
    あ、これってR15でしたっけ、でもそうかもな、だってあの血しぶき。。(笑 でもエロエロシーンとかはないし、撃つシーンとかも撃たれた側のぶっ飛び方がすごくてマジメなシーンだけど失笑声聞こえたぐらいですよ。私も失笑しました(笑
    ホビットみたいなって思ってたんですけど、そっか、寝ちゃったんですね(笑
    私もやっぱり吹き替えより字幕がいいです!
    もちろん、日本語字幕がいい♪


    hiromiさん
    映画の長さよりじまるまでのCMのほうが長く感じた!!(笑

    >絶対うそやん、ありえへんやん
    すごいコテコテのツッコミをタランティーノにしてるねんなー、hiromiさん(笑 ほんまにありえへん吹っ飛び方に失笑しながらすっとした気分になったわー♪


    わたあめさん
    ドイツってオリジナル言語で上映されているんですね。やっぱりそういう選択があるって大事だし、いいなー。
    あ、そうだ、ドイツ語で話してましたよね(笑
    私もディカプリオ取らしてあげたいなー。


    Michieさん
    それほどディカプリオが好きってわけじゃないんですけど、がんばってるし、いわゆるいい映画にも出ているのにいつも外されているのがあからさまで可愛そうだなって思って。確かに何をしてもどこか彼の「ぼくちゃん」な部分が残ってますよね、太ったけどまだふけてないし。


    Setteさん
    ミッキーロークってどうしたの??っていうぐらい変わったよね、あのボクサーの映画なんだったっけ、あれすごいよね、もう映画中ひいてしまったもの、あまりの変わりように。昔長家のCMとかやっていた頃は確かに友達ポスター貼ってたなー。それこそもう30年弱前か(笑
    クリストフ・ヴァルツ、ほんと素晴らしいよね。いつも舌をまくわ!


    パナッタレさん
    水野さんだよー。淀川のおじいちゃんは「サヨナラ」の人だよー。大丈夫だよ、「従兄弟のお姉ちゃんがよくまねしてたから知ってるの」とか言うとばれないんじゃない?(笑
    ぱなやんって意外とデリケートね、血しぶきNGなんだ。でもタランティーノの血しぶきって、お笑いの血のりみたいに分かりやすい「ギャグ血しぶき」だよ~。


    2013/02/15 16:51 * URL [ 編集] | TOP↑

    yuki 
    めちゃくちゃ乗り遅れてのコメントお許しください。あたしもタランティーノ好きでして。

    あたし達も観ましたー。二人して楽しんで観れたので、義弟に勧めたら評価低くてビックリ。やっぱり観る人によって違うんですね。。。

    タランティーノでも、Reservoir Dogs はかなり暴力的ですよ~。それにしても、ジャンゴのサミュエル・L・ジャクソンの役ときたら!!あんなに観ててイラッとくる彼、初めてみました(笑)ディカプリオ。Naviaちゃんの言いたい感じ、よーく分かります。あたしも嫌いじゃないです。ただ噂によると臭いんだとか(笑)

    いや~、映画って本当にいいですね。

    ↑こういうの、夫に言っても通じないのが残念(当たり前か・・・)。

    2013/02/21 06:10 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆yukiさん 
    じゃぁいちを兄夫婦の意見を弟さんは聞いてくれたんですね、好みは違ったけど(笑 
    Reservoir Dogs見た!ことあるけどあんまり印象のこってない。。寝てたのかも?(笑 ディカプリオはエコな人だからオフロにあまり入らないってゴシップみた~(笑 臭くて太くてひげ茫々って、普通だったらありえないぐらいNGよね、それなのにそう感じないですよねスクリーンでは。あの気品はあの人、きっと前世は得の高い人だったんだわ(笑
    いや~映画って本当にいいですね。さよなら、さよなら、さよなら(2人をまぜてみた。)
    2013/02/23 05:27 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。