スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ジャポネの木

    2006-08-07 22:08 / Category: イタリアーノな彼
    アモーレは付き合いだしてから、
    自分の周りの「日本」を探しだした。


    TOYOTAの車な、おじさん乗ってるねん」

    Last SAMURAI 見たことあるで。カツマタかっこよかったなぁー」

    関空のデザイナー、イタリア人やで

    「中学の頃に買ったラジオ、今も動くねんけどTOSHIBAのんやったわ!!」

    などなど。


    記憶の中から、「日本」で検索して、接点を見つけ出し
    毎日語ってくれるアモーレに愛を感じた。



    ある日アモーレが言った。

    「うちにジャポネの木があるねん。おばあちゃん大好きやねんで」



    イタリア語でジャポネの木って、英語でなんて言うの?



    アモーレは辞書で探して言った。
    「方言しか知らん。これ、イタリア語じゃないねん。載ってないわ。」


    ちなみに、イタリアだけではないけれど、
    あちらでは日本以上に「地方言語」が発達してると
    思われます。そして健在。

    アモーレたちも「方言」が多い。
    特に有名なのが
    「ローマ弁」と「シチリア弁」らしいです。
    「大阪弁」と「沖縄弁」みたいな感じですかね。



    ともあれ、「ジャポネの木」が気になり私たちは早速
    ネットカフェに調べに行った。


    そして見つけた。


    「ジャポネの木」 は なんと 「びわ」 のことだった。


    ちなみに枇杷の発祥は中国らしいが、日本には古代に来たらしい。
    参照←

    そして、大陸を渡り、「南イタリア」でも栽培されているらしい。


    なぜ「ジャポネの木」と方言がついているのかは分からないが、
    枇杷のイメージが、中国より、日本の方がピンときたのかも
    しれない。


    私の大好きな枇杷。
    アモーレの実家に鈴なりらしい。

    実を食べるのはおばあちゃんと、鳥たちだけだという。
    だから大量に余るらしい。


    ここは私の出番やわ。

    枇杷酒、枇杷シロップ、枇杷ジャム、枇杷の葉のシップ

    日本の知恵をたっぷりご披露して、
    枇杷のすごさを知ってもらうねん。

    あーー、来年の初夏には、枇杷風呂やぁー。


    方言で「Giapponaru(ジャポナル)」
    イタリア語で「Nespolo(ネスポロ)」 Or 「Nespolo giapponase」
    といいます。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    初級  1. へ~~

    こんな方言知らなんだー。でも確かにシチリアや南イタリアの方言はすごい。ちなみに私ほとんど聞き取れません。アモーレのイタリア語ばっかり聞いてると他のイタリア人にその言葉で話すと笑われるかもな。ダニエルカールの日本語のように思われるよ。
    2006/08/07 23:05 * URL [ 編集] | TOP↑

    MILKRICE  2. ドイツとスイスは・・・

    ドイツ語を共通言語とする、スイスもかなり訛りが強いらしくて、ドイツ人(彼)もなかなか理解できないそうです(笑)
    ちなみに彼の英語はイギリスの英語(?)で、私もそうだと思っていたのに、この間、オーストラリアンに「君の英語はアメリカ訛りだ」と言われて、驚きました(笑)

    アモーレさん、可愛いですね~~(^^)イタリアの中の日本を一生懸命さがしてるんですね♪ウチのにも少し爪の垢を煎じてやりたいわ~~(笑)
    2006/08/07 23:20 * URL [ 編集] | TOP↑

    ginno-techo  3. コメントどうも☆

    初級 さん
    イタリア語は南になるにつれて吃音がきつくなるらしいです。だから少し喋ったらすぐに、「南出身」って分かるらしいですよ。
    ちなみに南だけではなく、少し喋るとどのエリア出身はイタリア人は分かるようです。つまり、私たちの方言以上に向こうの「地方言語」は発達しているようです。
    イタリア語だけじゃなく他の国にも共通して言えます。
    ちなみに私はミラノの学校に通うけど、彼と過ごす時間が長いし、すでにミラノに住んでいる友達達は驚くべきことにみんな「南」出身。絶対なまりますね。ダニエルカール真っ青です。だけど、市場で買い物するときの言葉だけは、「北」弁を雄弁に使って、なめられんようにするつもりです。いっぱいオマケさすぞ!!
    2006/08/07 23:25 * URL [ 編集] | TOP↑

    Miyuki  4. コメントどうも☆

    MILKRICEさん
    やっぱりそうなんだ!らしいですねー。フラットメイトが言ってました。
    ベルギーもフランス語で訛りがあるらしく、でも南フランスの人はもっなまってるって。。。
    とか聞いていると、結局「正しいってないんだ」などと思えてきたりするんです(^^)
    Milkさんはドイツ語訛りの英語が喋れますか?私は、やっぱりばりばり日本語訛りの、しかも関西弁英語。
    「ちゃう、ちゃう!!」とか急に口走ったりします。。。
    2006/08/08 00:20 * URL [ 編集] | TOP↑

    びわ大好き  5. ついでに

    びわ酢もお願いします。
    私もイタリアにあるジャポネの木に
    鈴なりのびわ食べたいな。
    2006/08/08 01:33 * URL [ 編集] | TOP↑

    Miyuki  6. 枇杷酢

    では枇杷酢を作って持って帰ってきます(笑 スイカとイチゴと枇杷と柿は特に大好きなんです。もしおなかくだしても、3日3晩食べ続けれると思います(~~)
    2006/08/08 20:17 * URL [ 編集] | TOP↑

    mimo  7. こんなところに、、、

    こんなところに、なぜこれが?というようなこと、ありますよね。でもびわだったなんて、なんか遠い昔になにか物語があるのではないでしょうか?(普通のお宅だし)なんだか嬉しい気持ちになりました。
    2006/08/08 21:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    ginno-techo  8. コメントどうも☆

    mimo さん
    ですよね。遠く離れたところで知ってかったるものを見つけるとうれしいですね。何か物語あるかも?!ほんとですね。
    関係ないけど以前、どこかの国で柴犬見たときすっごいうれしかったです(~~)
    2006/08/09 01:01 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。