スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    イタリアで渡り歩くために

    2013-08-18 22:09 / Category: イタリア生活☆見聞録
    P7014571.jpg 

    イタリアでは公共の場では「どうぞ。どうも」の思いやり文化はない。

    アタマが日本人である以上ついつい「どうぞ」をやってしまっても「どうも」の日は来ないし、
    もちろん、「どうも」を期待して「どうぞ」をやっているのではないのだけれど、
    イタリアで「どうぞ」をやっていると「どうも」が大好物な人にいいように使われる。
    「どうも」を目当てに小さくても得をしようと寄ってくる分かりやすい人もちらほらいる。



    だから私は日本から、もしくは海外からイタリアの空港へ到着する時
    「日本人らしい」スイッチを切り、「イタリア人」スイッチを入れるようにしている。

    とにかく相手を信用しない
    手持ちの貴重品には気をつける
    何かあれば理論より感情で物を言う
    そして普段から「どうぞ。どうも」をしない

    これは公共の場のイタリアに居る時のスイッチ。
    もちろんイタリア人みんながそういう人なワケではないし、
    「イタリア人」らしい、屈託のないやさしい人もたくさん居るのだけれど。




    たとえば日本で、
    「今日駅前ですごくえげつないオバハン見た」とか、
    「あの店に居たオッサン、頭おかしいわ!」

    という、友達に話したくなる変人(=嫌な人)にあなたはどれぐらいの頻度で会うものか?


    その遭遇する回数がイタリアでは3倍~7倍ぐらいだと思っていい。

    もし日本で1週間に1回、「変人」に会う人とすれば
    イタリアでは2日1回もしくは1日1回そういう人に会ってしまうことになる。 オーバーではなく(涙



    先日のスーパーのレジで並んでいた時。

    この日はレジが塞がっていたから10分が過ぎてようやく自分の番になった。
    私が(セルフサービスの)レジを通してる間、あるシニョーラが列の人にお願いしている。

    「バスに乗らなきゃいけないのに、この列でしょ?
    私買うのはこれだけだから先に行っていいかしら?もうバスが来ちゃうから」

    そうして、このシニョーラはごぼう抜きし、一気に順番待ちのトップへ躍り出た。


    私がようやく全てのレジを通し終わり、最後の卵を袋に入れていると、このシニョーラは私に、

    「シニョーラ! 私バスに乗らないといけないから早くそのレジ開けてよ」

    と私に言った。


    イタリア語には丁寧語もあるし、「恐れ入りますが」というような枕詞だってもちろんある。
    が、彼女はそれを使わなかった。


    ここが日本なら「何?」と一瞬思っても「はい、どうぞ」と譲れたかもしれない。
    でも私の頭はとっさに、


    「私だって10分以上待ったし、これを入れる間も待てないなんて?あと2秒待てないの?」


    と私もタメ語で返してやった。


    確かに間違ったことは言っていない。
    悪いことだって言っていない。
    ただ「どうぞ。どうも」が一瞬でも頭をよぎらなかったことが
    自分でそうスイッチしているとはいえ、小さいことさえも譲れないのかと少し自己嫌悪。

    自分がイタリア人化している。

    さらにイタリア人化に嘆く自分、私の中で(もちろんそういう人じゃない人もたくさん居るのに、あまりにも自得人が多すぎて)
    「譲れない人、自得のためだけに行動する人 = イタリア人」
    という図式がもう出来上がってしまっていることだって、なにか悲しい。

    そして、あのせかし女のシニョーラ、彼女は東欧の言葉が自国語らしい。
    彼女の容姿と連れ合いがを見て分かった。
    もしかしたら彼女もイタリアでは「イタリア人」スイッチを入れているのかもしれない。
    ふとそう思った。


    だとしたら今日の私たちは
    イタリアで間抜けな目にあわない様に
    イタリア人スイッチを身につけて
    イタリア語で言い合う外国人。


    私たち外国人がイタリア人を真似して。
    。。。いいのか、イタリア?
    なんだか腑に落ちない滑稽加減。


    イタリアは暖かさも、愛情も、人間らしさも、そして狡さも抜け目のなさも。あからさまで奥深い。


    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    KAY 
    お久しぶりでーす。
    こちらにも行列の割り込みなど同じような人は確かに掃いて捨てるほど出没していますが、そこは慇懃無礼なマナーの国フランス「メルシー(ありがとう)」「パルドン(ゴメンナサイ)」を言った、言わないでけんかになることもあります(笑。
    でもメトロの出口で扉押さえてあげててもメルシー言わない人はどっちかというと移民系が多いですねー。
    以前、メトロに乗っていたときに「俺は病気なんだ、座らせてくれ(←ゼッタイ単に疲れてただけ)」と言われて中年のアラブ系オヤジに席譲ってあげたのにメルシーも言われなかったのにはぶちきれました。こういう時は言葉わからないフリをするべきだったと後悔しています…
    郷に入っては郷に従えですよね。
    2013/08/18 23:40 * URL [ 編集] | TOP↑

    羊 
    わかるよ!
    あの人たちの得意技、ごぼう抜き。
    「俺、並んだことない」って言い張った奴もいた。知るかそんな事。
    私が抗議しているのを見て、ドイツ人男性が
    「今からでも並ぶ事を学べ。遅い事はない」と加勢してくれたけど、本当図々しい奴とかいるよね。

    私もそうだよ。
    失礼な奴にこっちが丁寧に返す必要なんてない。
    同じ立場に落ちても、そいつをぺちゃんこにしてやりたいと思う私はよごれている。ふふふ。
    2013/08/19 04:18 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    Naviaさん、私もドイツ在住20年、日本人の奥ゆかしさを失いつつある女(オバサン)です…。
    ドイツ語って、はっきりモノを言う言語でしょう。その延長で日本語を話すと、「ケンカ売ってんか?」というもの言いになってしまいます。
    なので、日本へ行くと、なるべく、やんわり話すよう気を付けています。(できてないけど)

    ドイツでも、レジでそういう人、たくさんいますね。
    でも、言い方ですやん?
    きちんと、申し訳なさそうにお願いする方だったら、喜んで先をお譲りしますが、そうでない方だと、ムッとしますよね。(結局、私は専業主婦だし、ま、いっか、と譲ることが多いけど。トシのせいで丸くなったのかな?)

    レジに並ぶとき、後ろの人が少ししかものを買わないようなら、先に「どうぞ」と言うように心がけているんですけど、「そこまで言わなくても」というくらい、感謝してくれる人も結構、多いんです。ニッコニコ笑顔で、「本当?ご親切に!ありがと、ありがとー」って。
    レジのおばさんまで、こっち見て笑ってたりするんですよ。
    なんか、ドイツ人女性は、一般に強い(自己チュー)のが多いから、「ドイツ人女性は、そういうこと、言ってくれないんだよな…」とつぶやく人もいました。

    …というわけで、今日から日本へ発ちます。
    行ってきますー。
    2013/08/19 16:49 * URL [ 編集] | TOP↑

    yumi 
    郷に入れば郷に従えって言葉もありますし、私もイタリアスイッチ入って毎日過ごしております。
    話題に上がりそうな、「変な人見た率」日本とは比べ物になりませんよね。日本ならそういう変な人がいても、周りの人が暗黙の了解で「この人変」と空気が流れるものの、イタリアだと確率が高すぎて反応薄いですよね。
    私もNaviaさんの状況だったらTuの表現で、待っててよ!って言ってしまうと思います。
    でもそこでそんなイタリアの常識に負けた感を感じるのもわかります!!
    きっと次回から頭にくる状況で、Leiの表現を使ったら逆に勝った感が残るかも??!あのアジア人やるわね、的にイタリア人や外国人から見られるかもしれませんね!笑。
    2013/08/20 01:20 * URL [ 編集] | TOP↑

    amarena 
    旦那に話たら今は番号のチケットを取る仕組みになったけど前はパン屋でもどこでも店員が次誰?って聞くとオバちゃん達一声に私!私!私が先~!と答えるらしいです。光景を想像すると笑えるけど 自分がそこにいたら買わずに帰ってくるな。。。旦那がNaviaさんの気持ちとっても理解出来る頑張って!と言ってました
    2013/08/20 11:00 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆イタリアで渡り歩く 
    KAYさん
    やっぱりこのあたりの国っていうのはそういうものなんでしょうかね。こっちでも親切に「ありがとう」なしで返されることはあります。「どうぞどうも」でお互い気分よくなるのに損した気分のほうが格段に勝ってしまうから譲れないんでしょうか。ちなみにこの日私が言い返したのもそういう気分でした。卵入れるまで待て!最下位からTOPにきたくせに!って一気にスイッチが入ったんです。あー、あと5年したら私すごくイタリア人になってるかもしれません。。。


    羊さん
    私も汚れまくってるんで(笑 卵入れるまで待て!って思って、しかも思ったとおり口から言葉が出て。あ~、あと数年したら、私もっとどろどろになりますね、絶対(笑
    ところでその「並んだことない」といいはる大人な僕ちゃん!!本当に世の中には許しがたい人種が居るものですね、まったく!!


    Michieさん
    大阪はまだまだ暑いと聞いています。長旅はどうでしたか?日本を楽しんできてください。
    そちらでレジを譲る話はとてもほほえましいですね。そういうのいいなー。こっちでは結構自己申告が多いんですよ。こちらの籠の量を見て「私これだけだから先行っていい」って聞いてくる人が多い印象があります。ただ、これも平日だと先に行きたい人が少なくて、休日だと自己申告の人が多いです。平日だとMichieさんのように「私には時間があるから」と心に余裕がある人が買い物している率が多いってことなのかもしれませんね?


    yumiさん
    そうなの、そうなの、そこなの。変人の確立が多すぎて結構みんなの反応が鈍いっていうか、慣れてるっていうか。私たちってそれほど変人の免疫ないでしょ(笑 日本って国民の常識のレベルが結構高いんですよね。ってことぐらい分かってるんですけど、まぁ~ここに居るとどんどん性格が曲がっていきそうです。
    「Leiの表現で勝つ」とか思いつくこと自体、Yumiさんは穢れてないわ!、もう私どろどろ(笑 ま、持って生まれたものもがどろどろ素質があるってことですけど(笑


    amarenaさん
    ありがとうございます!そうそう、その番号札の話をを聞いて以前の自分のブログの内容を思い出しました。
    http://iosononavia.blog.fc2.com/blog-entry-805.html
    時間があったら見てみてください。
    そういう話です。でもその時はオババに先を越されなくてすんだんです。それはどうしてかと言うと。。。ぜひ読んでみてください♪(笑

    2013/08/21 22:51 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    Naviaさん~、大阪、めっちゃ暑いですぅぅぅぅぅぅぅぅ~~~~。こないだ41℃までいったそうです。昨日は37℃。朝6時に起きて、すでに31℃って、どうよ??って感じです。

    昨日、学校にごあいさつに行ってきまして、娘、今日から学校です。
    (国語の本、いきなり読めてません)
    2013/08/22 07:27 * URL [ 編集] | TOP↑

    大阪は暑いまま?☆Michieさん 
    Michieさん、こっちは朝晩もう秋ですよ、今朝も午前10時ぐらいにようやく気温21度。夏が終わる。。。(涙 ところで、国語の本、漢字多いですものね。。。娘さん、最後まで学校楽しめますように!
    2013/08/29 04:12 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。