スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    「2」が持つ不思議

    2013-08-20 21:51 / Category: イタリア語解体新書
    DSCF8772.jpg 
    Castelloからの眺め@カラブリアCalabria


     前回のブログで、私が言った[2秒待てないの?」

    いう言葉の「2秒」に「なぜ?」と思った人がもしかしたら居るかもしれない。



    「今すぐに、すぐにでも」という表現として英語で言う「one scond」や「two seconds」という表現はイタリア語にもある。
    どちらかというと、「1秒」と言うより「2秒」の「ドゥエセコンディDue second」のほうが多い。
    そして絶対に1秒や2秒であることなどありえない。

    それから例えば電話の取次ぎとか、ちょっと資料を探ってみるとかそいうい場合の、
    「今すぐ」ではなく「すぐに(今からとりかかります)」の場合には「2分待ってください」という表現を使う。
    2分でできるの?親切!と最初の頃は本気で信じてしまっていたが、
    今では「はいはい」と待つ準備をするようになった。


    さらに「少しかかるけれど取り掛かります」とか「ここから少し離れているけれどそう遠くない」と
    いった意味で使うのが「20分」という表現。
    「ちょっと調べてみて20分以内に電話します」とか
    「この道をまっすぐ行って右だよ。そう遠くないね、20分ぐらいじゃない?」といった感じ。
    この表現になってくるとかなり時間を指す場合はあいまいになってくる。

    用事を頼んだ場合20分ならず1時間以内に連絡があるかどうかはアナタの運、
    電話を受けた担当者の良心にかかってくる。
    そのままバックレられることだってあアリ。

    「ここから20分ほど」と語るイタリア人ほど信じられないものはない。
    倍の40分弱かかったことだってある。
    どこが20分?一体何キロで走って20分?オマエらみんなレーサーか?!



    そういうワケで「2」に刷り込まれた表現の裏にあるものを読み取らないと
    イタリア人が全部嘘つきに見えてくるという話。




    「2」を使う表現はいくつもあるが
    「たくさんの」というものを表現する時には「一袋分」と言うことも多い。

    「あのバイクを買うためにはたくさんの(一袋分un sacco)お金が必要」
    「今日はすごい(一袋分un sacco)人だった」等。


    アモーレが子供の頃、遠足に行った感想文をクラスのみんなで書いたらしい。
    アモーレはとっても楽しかったから「とっても(一袋分un sacco)楽しみました」と書いたら、

    担任の先生は一袋分un saccoの部分を赤ペンで二袋分due sacchiと修正してよこしたらしい。


    実は、「たくさん」を表現するのには一袋とは言っても二袋とは言わない。
    先生もそれを分かった上でわざと添削。
    それだけ遠足は楽しかったのだろう。

    その二袋分の先生のお茶目さは大人になったアモーレの思い出に今も残っている。




    ※「2」の言葉の続き!「散歩」の意味で「ドゥエパッシdue passi=2歩」と言ったりもします。

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    yumi 
    そういう表現難しいですよねー!!
    先生はdue sacchiって訂正に値するんですね?!それがすごいっ!!
    でもDueとか表現人にもよりません?私の義母は結構、4(quattro)を使うんですよ。あと一品料理しようか?とか話すとき、Facciamo anche quattro patate?とか。うん、そうしよう!とジャガイモを4個取りに行ったときに、え?4個だけ?だって4個っていったじゃん?modo di dire!!ワッハッハーと。
    4は2に比べて多いし、ちょっと使いにくいんですよ。多いのか?少ないのか?的に。(笑)
    2013/08/21 02:07 * URL [ 編集] | TOP↑

    KAY 
    フランスも「ちょっと待って」は2秒とか2分であらわしますが、ゼッタイにその時間で終わることはありません…
    2013/08/25 19:04 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆2のもつ不思議 
    Yumiさん
    なんだかYumiさんと義母さんとの楽しそうな会話が聞こえてきそうで読んでいてほほえましくなりました。
    それにmodo di dire!!ワッハッハーで私も一緒に笑ってしまいました。
    言う、いう、それも言う!(笑 でも確かに私もマンマからしか聞いたことないな、クワットロって。世代語とか?(笑


    KAYさん
    フランス人も絶対2秒とか、2分とかなさそう!!激しく想像できます(笑
    2013/08/29 04:37 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。