スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    バルセロナが。。。スキ~!

    2013-08-28 20:32 / Category: ヨーロッパ ni 旅行
    日照時間も短くなってきているのを感じるこの頃、コモは朝夕、すっかり秋。
    薄い肌掛けを3日前に出したばかりだけれど、それでも明け方は冷えを感じる。


    もうすぐそこまで来ている秋になる前に今年のバカンスの話を♪
    行った先は、バルセロナー! 夏のバルセロナ!! イエーイ!

    P7094987.jpg 
    そして今回もサグラダファミリアはスルーで帰ってきました。
    イキナリ何のオチ?(笑

    わざわざあの場所に出向いて毎度スルーしてくる人もそう居ないかもしれませんが。

    いつも混んでるし。まだ造りかけだし。
    もし「未完のもの」が見たかったから完成予定の2026年までにまた行けばいいし。


    なんて、誰にも理解してもらえないだろう持論があったりします(笑


    今回のバルセロナは美しすぎる建築を見る時間は午前中だけと決めて出発。
    そうでないと、午後からは気温が高すぎて外出も大変になるので、
    あそこも、あそこも見たいのに体力が。。身体が動かない!というジレンマで
    楽しい旅行がストレスにならないようにそう決めた。

    午後は休憩したり、バーゲンを見たり、バーゲン見たり、バーゲン見たり(笑 街をそぞろ歩きして過ごすことに。
    P7095002.jpg


    P7095003.jpg 
    デパート、エルコンテイングレスEl Corte Inglesの屋上レストランより


    バルセロナっていい!!とってもいい!!
    街も大きく公共機関は整備されていて、バルセロナっ子はフレンドリー!
    人のマナーもイタリアより。。。うえ。。 
    どうするイタリア?!


    夏のバルセロナ、何が一番よかったって、街に流れるあの、ゆるさ!!

    確かにここは海の町、それでも海岸沿いでもないのに
    みんな水着の延長のようなファッションにビーサンがゆるい

    バルセロナ中心地に堂々と建つ、デパート・エルコンテイングレス。
    ミラノのリナシェンテ、NYのバーニーズニューヨーク、パリのギャラリーラファイエット同様の一等地に建つこのデパート。
    中に入ると驚くほど敷居が低い。何でもある。デパートというよりスーパー。
    商品のカオス加減とか、商品の陳列とか。なんとなく一昔前の田舎のスーパーに来たかのような懐かしさ。
    そして流れてくるくるエルコンテイングレスの袋の波。

    ElCorteIngles.jpg 
    みんな買う、買う。このデパートの立ち居地もお客さんもゆるい。このゆるさがいい。


    それから、(どうみてもバカンス中ではない)おばさまたちによるカフェ、アペリティボの会がいい。
    街中のカフェには午後から夜7~9時でもたくさんのおばさまたち(もちろんオジサンのグループなどもあり)。

    イタリアではこの時間にイタリアの年配マンマたちが集団でカフェしている姿はではまずない。
    イタリアはどちらかというと晩御飯が豪華なので(スペインはランチが豪華)、
    マンマたちは晩御飯の仕込みに入っているからなのか、
    男尊女卑の考え方が根強くあるイタリア社会ではマンマたちだけで出歩いてお酒を一杯飲む姿が好まれないからなのか
    (男性グループでの一杯は多くのBARで見られる)
    はたまたそのどちらも理由なのか、とにかくイタリアではない光景。
    おばさまたちの、年配になってもこうやって飲み物1杯で何時間も集う集まり。そのゆるさがいい。


    あと、


    スペインではイタリア語で話すと(スペイン語とイタリア語はかなり似ているので)だいたい通じる。
    相手もそれほど英語が得意でないこともしばしばなので
    ややこしい会話ほど、「英語よりスペイン語でお願いします」状態だったりする(笑
    そういうわけで外国なのに、自分が外国語を話さなくていいこのユルサ


    そうして言葉を交わしたバルセロナっ子たちは
    「俺、スペイン語とイタリア語で普通に喋ってた~」とみんな笑顔で対応してくれる。


    いや~、ゆるいのバンザイ!


    2013夏バルセロナ旅行
    ゆるいバルセロナが。。。すき!
    世界遺産・サンパウ病院のガイドツアー(1)
    世界遺産・サンパウ病院のガイドツアー(2)
    おいし~いパエリアと海の幸をバルセロナで食べれるレストランを2店
    コロニア・グエル教会へ~ガウディの最高傑作
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Michie 
    スペイン語とイタリア語の区別がつかなくて、私って耳が悪いなーと思っていましたがっ!やっぱり似ているんですね。そうと知って、ちょっと安心しました。
    ガウディの建築物、一度ほんものを見てみたいです。
    …あ。Naviaさんたちは、お買いもの三昧でしたのね。それもまた、うらやましい。

    2013/08/29 00:03 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    スペイン語とイタリア語の区別がつかなくて、私って耳が悪いなーと思っていましたがっ!やっぱり似ているんですね。そうと知って、ちょっと安心しました。
    ガウディの建築物、一度ほんものを見てみたいです。
    …あ。Naviaさんたちは、お買いもの三昧だったのね。それもまた、うらやましい。

    2013/08/29 00:04 * URL [ 編集] | TOP↑

    なおこ 
    Naviaさん、旅行を存分に楽しまれたようですね。つい最近、バルセロナから義弟の奥さんの親戚が我が家を訪ねて来ていたところなので、興味深く拝見しました。

    わたしもポルトガルとリスボンで驚いたのですが、イタリアよりも、特にローマよりもずっと公共交通機関が機能していて、建物がきれいで、人が親切というのは共通ですね。旅がいっそう楽しくなったのではないかと思います。地方の伝統の言葉であるカタルーニャ語が政権によって制限され、スペイン語のみを押しつけられた、そういう期間が長い、苦しんだ地方の人々だけに、よりいっそう外国の人にも親切なのかもしれませんね。今は復権しつつあるというカタルーニャは、スペイン語よりもフランス語やイタリア北部の方言に近いと言いますから、よけいにNaviaさんとのコミュニケーションがしやすかったのかもしれませんね。何だかわたしも行ってみたくなりました♪
    2013/08/29 00:17 * URL [ 編集] | TOP↑

    yumi 
    バルセロナいいですよねー!!本当に街がキレイ!!
    人々が気取らないのに親切でマナーがしっかりしている!イタリア、どうする??ってフレーズかなり納得!!
    ラテン人なのにどうしてこんなに違うんでしょう??!イタリア人の自分勝手さ、自分が良ければそれでいいって感覚が目につきますよー。
    私はもーっとイタリア語が通じるのかと期待しすぎて、こんなもんか?って思ってしまいました。(苦笑)
    Naviaさーん!サグラダファミリア、ぜひ予約してくださいっ!!騙されたと思って!!「外からの方が良くて中は大したことがない」なんて予想していましたが、中も素晴らしかったですっ!!
    2013/08/30 02:02 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆バルセロナが好き 
    Michieさん
    スペイン語とイタリア語は似ているようです。ヨーロッパで盛んな交換留学でスペインを選んだ人、私の周りにごっそり居るんですが、みんな仕事で使えるレベルになって帰ってきています。確かにお友達が勉強をがんばって優秀なのでしょうけど、半年であれだけものに出来るなら、行っておけばよかったとアモーレの口から100回ぐらい聞いています(笑
    ガウディ建築ってどれもこれもすばらしくて一つ一つの入場料は高いですが見る価値はありますよね。私、子供の頃に見たら建築家の道を歩いてたかも!と思うぐらい感動します。また感動しに行きたいな~と思っています。
    PS:ショッピングにたっくさん時間を当てたんですが結局何も買ってないんですよ、ヨーロッパの主要な街って最近売ってるものどれも一緒でしょ、ヨーロッパチェーン店化してるというか。だからあ、これなら地元で買えるわとか思いながら買わないけれど、毎日見せ覗くみたいなええ、タチの悪い客です(笑


    なおこさん
    ご親戚がバルセロナにいらっしゃるんですね。だったら決して遠くない都市ですね!
    なるほど、人の気質も歴史背景によるところが大きいという推測納得です。
    私は海があり気候がよく太陽がある地域=フレンドリーという構図が頭の中に出来ていて、やっぱりここもそうだわなんて思っていました。同じ海でも寒い地方に行くともう少し人は遠巻きに感じるものですが、アイルランドに行った時、何世紀も抑圧された歴史を持ち、太陽が照る時間は短く雨ばかりが降り、海はあれど海水浴できない水温なのに人々がフレンドリーなことに驚いて、自分の中の法則に当てはまらない国があることにおどろきました。

    話はそれましたが、実はカラブリアはナポリ同様スペイン統治時代があり、その時代の言葉がそのまま方言として残っているこも多いようです。
    山の多いカラブリアの方言は20分も離れた町だとまた違うということもよくあることなので一概には言えませんが。
    それでもスペインを旅して、質問への答えを耳を傾けて聞いていると、私は分からなくても夫は「あ~、分かった。方言と一緒!」とうれしい顔をしていることが多いんですよ。
    面白いですね。
    ところでカタルーニャはイタリア北部の方言と似ているところがあるんですか。今度は是非注意してカタルーニャ表示の看板等も見てみたいと思います!


    yumiさん
    ねーーーー!!どうして、何がどうしてこうなったイタリア?!と思うぐらいなんかスペインいいですよねー!!あっちに家買いたいなとか思いましたよ。ってどんだけセレブ?!(笑
    イタリア語期待はずれでした?!ほんとに?私なんて訛ったイタリア語にしか聞こえないぐらい!ま、思い込みも大きいでしょうけど、それでも、アモーレが英語で話すと、相手が構えちゃうから私がイタリア語で繰り返すとスペイン語で質問したことがちゃんと帰ってくるみたいな。もう、みんな私の顔みて話すんです。通じる!みたいな。どうみてもアモーレのほうがイタリア人なんですけどね、身なり。。(笑
    ほんと次回は?その次の次は?是非行きたいです、サグラダファミリア。前にゆみさんの写真をみてすごく感動しましたよ!!!

    2013/09/05 00:40 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。