スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    不妊治療と風疹検査

    2013-10-23 17:21 / Category: イタリア生活☆見聞録
    P5134667.jpg

    ブログを継続して読んでくださってる方は気づいてる方も多いと思いますが
    (そしてその事について、そっとしておいて下さっていること感謝します)
    私たちは不妊治療を受けています。

    イタリアの不妊治療というのは、他の治療と同様なかなか時間がかかるもので
    もし「不妊治療」を考えている方がいらっしゃるなら1日も早く病院を探して予約をすることをお勧めします。

    私の病院の場合初診はプライベート(料金を払って)4ヶ月弱、
    そうでない場合6ヶ月後の初診になります。
    イタリアでもそれだけの人が不妊治療に取り組んでいるということです。

    初診が終わったら日本では1ヶ月(去年日本の不妊治療の病院に行った時に渡されたスケジュール)で
    出来る検査内容がこちらでは2,3ヶ月かかります。

    治療はどれだけ早くてもそれ以降になりますので、初診を思い立ってからは軽く半年は過ぎることになります。
    日本の医療に比べるととても遅いのであっという間に1年は過ぎると思っても言い過ぎではありません。


    今は不妊治療の内容について細かく書く時期ではないと思っていますし、書こうという気が起こりませんので
    このことに関しての一切のご質問等はすみませんがお答えできません。


    それでも今日こうして書いているのはある理由からです。

    検査が全て済み、不妊治療出来る状態になると治療に入る直前にする検査がいくつかあります。

    その1つ最後の血液検査で(今まで血液検査は5回ほどありました)
    風疹の項目があり、そこで私、陰性だと分かりました。

    待って待って、いざ!最後の検査でそう言われて相当落ち込みました。

    先生はこの時、看護婦さんに「なぜ今まで風疹検査をさせなかったんだ?」とめずらしく声を荒げていましたが、
    処方箋を出すのは先生なので、これは先生のミスです。

    実はこの風疹検査についてミスが重なりました。

    不妊治療科で何度か出会う人とはメール交換などをしてお互いの状況を話しているのですが、
    他の人には風疹検査の処方箋が出されていたこと(つまり私に対しての処方漏れ)、
    それと、イタリアでは通常子供の頃にワクチンを打つので風疹検査について流してしまったことが挙げられます。
    (確認漏れ)


    ワクチンを打つなら6ヶ月後に治療が妥当だと言われました。
    通常日本ではワクチン後2ヶ月、アメリカでは1ヶ月後と言われるようなのでそのことを伝えたのですが、
    6ヶ月待ち。と断言されてしまいました。

    4月、5月頃のブログを読んでもらえれば分かると思いますが
    なかなか、日本の医療に比べると対応には程遠いものがあります。


    最初の頃は不満を抱えながらも病院に通っていると
    朝7時すぎからの診察、先生に関しては土曜日も出勤されて
    イタリアの医療費削減で苦しい中、先生や看護婦さんは本当によくやってくださってると思います。
    感謝しています。

    それでもその忙しさからか、カルテを間違えられたり
    診察中に電話で退席されたり、
    コンピューターが動かないのでPC上のカルテが出せないことも何度もあり。

    用意するように言われた薬に関して「使うときは指示します」と言われたけれど、
    何日たっても言われないので「まだですか?」と聞いたら「ええ~使ってなかったの?」とか(汗

    そしてワクチンの処方漏れだったり。

    本当に先生方には感謝しています。
    それでも、もし、誰かに病院を聞かれても病院をお勧めできない、答えられない理由分かってもらえるでしょうか(涙


    何が言いたいのかというと、病院の愚痴ではありません。



    妊娠を望むなら、
    今日明日にでも風疹検査を受けてください。
    そしてワクチンを受けておいてください。


    いざ、時が来て私のように慌ててショックを受けて時間を無駄にしてしまわないために。


    不妊治療でいろんな方の話を聞いて、自分の話をしていて思うことは
    赤ちゃんというのは本当に奇跡なんだなと。

    私も含めて不妊で悩む全ての母になりたい女性に奇跡が訪れること心から願います。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Michie 
    Naviaさん、こちらドイツでも、そういうことは絶対ない、とは言えませんが、私が通ってた産婦人科では、ありえないようなことだなぁと思います。妊娠が分かったときに、すぐ日本で受けた予防接種の内容を提示してください、と言われたし(日本から母子手帳を持ってきましたよ…。あとは、学校で受けた、予防接種の問診票で、残っていたものだけ)何か検査があったら、いちいち「アジア人の場合は?」って考えてくれてました。信頼できるお医者さんに当たり、今でも、その先生夫婦とは、個人的な付き合いがあるほどです。
    だから、今回のNaviaさんのことを伺い、やりきれない憤りがあります。
    口で言うのは簡単であると、百も承知ですが、乗り越えてください!
    2013/10/23 19:31 * URL [ 編集] | TOP↑

    sajico 
    6か月待ちとは、お気持ち察します。

    私も今春に、風疹予防と家族計画についてブログに何度かUPしましたが、伝わりにくかったと反省します<(_ _)>

    半年の間は、夫婦ともに体力UPと生活習慣をますますUPで基礎体力増強期間と位置付けてはどうでしょうか。といって、慰めにならないかもしれませんが♡
    2013/10/23 20:30 * URL [ 編集] | TOP↑

    yumi 
    今まさにこういう状況にいらしてもなお、私や他に不妊治療を考えている人のために情報を呼び掛けてくださるの、感謝しております。なかなか出来ることではないと思います。
    私たちもこれから先どうなるか、どういう状況に陥るか気持ちも体力も金銭面も想像がつきません。
    本当にナビアさんにも、私にも、不妊で悩む方多くの方に母になれる奇跡が訪れますように。。。
    お手を合わせて・・・(しつこいですね 笑)
    2013/10/24 16:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    羊 
    私もさ、自分が風疹の予防接種子供の頃したから安心だと思ってたんだ。
    だけど去年入院してさ、陰性だってわかったからまた追加で打ってきた。
    あの抗体ってなくなっちゃうんだよね。

    半年待たなきゃいけないのは本当に落ち込んじゃうだろうけど、もし陰性だというのがわからないまま妊娠して風疹にかかってしまったという事態を避けるためにも今わかってよかったんだよ、きっと。

    こういうときはおいしいものをたくさん食べて、日本のお笑いをみて元気だして!
    2013/10/25 08:34 * URL [ 編集] | TOP↑

    らむ 
    Naviaさん、すっかりご無沙汰してしまいました。
    お元気でしょうか。

    私も風疹の検査の結果抗体がなくこちらで予防接種しました。
    そろそろ子供欲しいなと考えていた時にイタリア人の友達から風疹の抗体チェックしたほうがいいよと教えてもらい、
    当事のホームドクターのところにいって聞いたのですが全然わかっていない医者で「抗体チェックなんて普通しない。予防接種は妊娠してから出来る。子供が欲しい人が出来る事前検査は特にない」と言われました・・・
    そこでホームドクターを産婦人科専門のドクターに変えて聞いたところ無事検査、予防接種が受けれました。
    最初の医者、あんないい加減なこというなんて今思い出しても腹立たしいです。
    私も予防接種後は半年は避妊と言われました。
    ホームドクターの診察時間は限られていますし診察時間でも担当医はいないことも多く、私も行けるときが限られていたのでそんなこんなで1年は時間が経ってしまったと思います。
    もっと先に知っていれば・・・と思いましたので、Naviaさんのこの記事に救われる方多いと思います。
    その後2度の流産・手術を経て3度目の妊娠で昨年出産することが出来ました。
    私もべビ待ち期間が割と長く、焦る気持ち、どん底気分など経験してきましたのですこしはNaviaさんのお気持ちがわかるように思います。
    イタリアでの病院関係は本当にストレスが溜まりますよね。適度発散して溜めすぎないようにしてくださいね。
    Naviaさんたちも赤ちゃんが授かれるよう、心から願っています!
    2013/10/25 21:18 * URL [ 編集] | TOP↑

    ともみ 
    私も風疹は子供の頃かかってるはずだけど、実際今、抗体があるか分かんないな。。。イギリスでも妊娠したい人が皆検査してる様には見えないし、私も調べないまま2人生んだけど、友達に風疹にかかってそれまで順調だった男の子を妊娠終期に亡くした子がいて、本当に怖い病気だよね。全ての人にちゃんとした情報が与えられて、悲しい出来事や、子待ち時間のロスが減ってほしいと思う。

    私も、健康そのまんまで、自分が妊娠できないなんて、思ってもなかったから、子供が欲しいと思って排卵までチェックしてもなかなかできなかった時はビックリした。私なんか半年だから、不妊にも入らない期間だけど、それでさえ「いつまで続くんだろうな。。。」って不安だった。Naviaちゃん達のところに、早く赤ちゃんが来ます様に。今は1つ1つの検査や治療に集中して、「迎える準備をしてるんだ」って思って前へ進んでね。思ってるよ。
    2013/10/26 07:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆不妊治療と~ 
    Michieさん
    ありがとうございます!やっぱりというか、納得というか、国は近くても対応はぜんぜん違いますね。もうイタリアに住んでいる以上はこういうことに慣れっこになってしまわないと思う反面、別の世界を知っているだけに簡単なミスで半年を無駄にするのかと思うととても重たいです。でも、乗り越えるしかないですもね!


    yumiさん
    手を合わせて、ありがとう!(笑
    治療に関して不安もあるだろうし、経済的な不安も出てくるかもしれないけれど、きっと子供の顔をみたらその苦労もふっとぶ日が来ることを願って♪だね、yumiさん!


    sajicoさん
    そう言われてsajicoさんの過去ブログを拝見しました。sajicoさんはとても丁寧に書かれていてなんの落ち度もないですよ。
    受け取り側の問題です。私もsajicoさんのこれらのポストを見た記憶があります。でもその時は何もひっかからなかったんですよ。
    そこが問題なんです。情報がそこにあっても自分でキャッチしなきゃ意味がないんですよね。今回もそういう意味でポストにしました。これから先、何かの検索で私のブログを訪れてくれる、全ての母になりたい人に何かひかかってくれればいいなと思います。


    羊さん
    そうそう、抗体って人によってなくなっていくのはめずらしいことじゃないらしいですよね。またワクチンを打ったんですね。妊娠を望まなくてもそれがいいですよね。私もなんでいままでチェックしなかったんだろう。。は~い。おいしいもの食べて、しかる時にそなえます♪ いつもありがとう♪


    らむさん
    こんにちは!らむさんのワクチンの貴重な体験と、ベビ待ちのお話ありがとうございます。そういう話を聞くと私たちもこうして待っていて、いつかはきっと!と思えてきます。ありがとう♪
    それにしてもそのホームドクター。。ありえないですよね。。でもイタリアだからありえてしまうのがまたなんとも。。。
    私も2年ほど前、不妊治療を考えたいので~とホームドクターに相談したら

    「私は46で産んだから大丈夫、問題ない」

    と言ってつきかえされました。
    なかなかイタリアの医療に慣れるのは時間がかかりますね。。。


    ともみさん
    ありがとう!!ともみちゃんに祈ってもらった分も赤ちゃんになって早くきてほしい。。
    風疹って本当に怖い病気で、実際にイタリアではみんなワクチンを打っているのでほとんどならない病気なんだけど。。本当にこういう情報は時間のロスなく赤ちゃん待ちする全ての女性に知ってもらいたい情報だと思います。
    2013/10/30 00:14 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。