スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    業とお肉とカーニバル

    2014-03-06 05:46 / Category: イタリア生活☆見聞録
    P5104639.jpg

    「カーニバルが終わったらしばらくお肉は食べないっていうのやってみる?」

    お肉を食べながらアモーレが言った。

    カーニバルが開けてパスクワ(イースター)までの期間は宗教的にはお肉を食べないというキリスト教の慣わしは、
    もちろん風化が著しい昨今ではあるけれど、それでもお年寄りだけじゃなく、それをやる人も居る。

    そこまでではなくても、この期間金曜日だけは「とりあえず」お肉を避ける人は多い。
    パスクワ直前の金曜日に限っては、~まるで日本人が正月に御餅を食べるように~
    こちらではお肉は食べない。


    「パスクワまでお肉を食べないで見る?」


    そうアモーレが言ったのは宗教的な意味ではなく
    最近、家でお肉を食べる量が減ったことで、「ついでに」禁肉をやってみる?と
    心にはないけれど口をついて言葉が出ただけの話。

    食卓からお肉が減った理由はいつくかあって、
    他に食べたいものがたくさんあること、
    それから、肉はお決まりのお肉屋さんで買うようにする手間を設けることで必然的に回数が減ったこと。
    そしてわずかながら健康や自然環境を考えみたりもして。

    そうは言ってもしっかり食べているので
    以前がお肉の献立に頼りすぎていただけかもしれない。


    ただ、そんな断食話をしていたら、
    キリスト教ではカーニバルの肉断ちがあり、
    イスラム教ではラマダーンがあり、
    仏教には精進料理がある。

    いずれも「いつもの生活」から、何かのルールに従って断食および何か(肉等の殺生したもの)を断つことで、
    「信仰と見つめあう」時間を作るためのスイッチ、それが「食べ物断ち(断食)」だとしたら-。


    人というのは、本当は食べなくていいものを食べて、
    本来の必要な量以上の量を食べて過ごしているとしたら。

    そういった日常の生活をリセットするための宗教行事。
    宗教という助けを得て、本当は自分の中と向き合う時間をつくるための断食。

    それでも行事時期が過ぎればまた、十分過ぎる量を食べ肉も食べる。
    お腹いっぱい食べること、お肉の美味しさを私たちは知っている。
    人は同じことを繰り返す。


    そう思うと「業が深い」と言う言葉が頭の中に出てきて、
    「人という存在を現す言葉は悲しいかなこれが一番あっているね」なんてアモーレと話ながら

    人生、いろんなことを身につけることも、そして不必要なものを見極めて削ぐことも大事であり。
    そして、食べるという行為を削ることで自分と向き合える環境をつくることが出来るなんて簡単なことなのに。
    それでもそれが普段から出来ないというのは、人の欲というのはこんな小さなことから無限だな。

    目の前のお肉を残さず食べながら思った。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    ともみ 
    うちもカトリックだからマーチンは金曜日はお肉食べない様にしてるよ。そう決まってると、献立にメリハリがついていつもと違う物考えて作ったり、食べてみたりできるのは結構すき^^

    ここ2年くらいイースターのミサは結構ちゃんとマーチンに着いて行って、みゆきがちゃんと教会にいられるようになってからは日曜の朝も私も同行してて、人の善意に心が洗われたり、怒りが静まったり、良いものだなーと思う様になったから今年は今日からイースターまでの期間もちょっと意識して過ごしてみようかなーと思ってるよ。と言っても、お菓子やジャンクフードを減らして食生活を見直す良いチャンスにしたいと思ってるくらいだけど。いつもより一つ多く人に親切にできて、いつもより一つ健康にいい節制をして、そういう機会があるのは良い事だよね。

    肉は食べるけど^^ほほほ
    2014/03/06 08:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    yumi 
    そうですね~。なるほど。
    日本人はもともと「腹8分目がちょうどいい」とか、「食べ物を残すのがもったいない」とかそういう意識がイタリア人に比べて強いですよね。
    だからイタリア人よりかはカーニヴァル(肉断ち)とかせずに多少コントロールできるものの、イタリア人は特にマンマとか少ない=貧相と思われるのを嫌がって、食べれないほど多くの食事を作り食べますよね。
    そうやって宗教行事を理由に、肉や食事のあり方を見直すチャンスだったんですね。
    私はひき肉と鶏肉以外ほとんど肉を食べなくなりました。人が来るときは作りますけれど、私も最近は美味しい肉屋さんで買うようにしたんですが、ここがいつも混んでて。並ぶのが嫌でなかなか行けてないってのが本当の理由なんですけれど・・(苦笑)
    2014/03/06 17:23 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    うちはカトリック一家なんです。(子供たちは全然敬虔じゃないけど)
    昨日は「灰の水曜日」で、お肉は食べない日でした。
    うちも、お肉は食べなかったんですが、ここドイツは、今ではお肉より魚のほうが高いんです。なので、本末転倒なんですけど、なんか習慣なので、お肉は食べないです。
    厳密に決めているわけではないけれど、毎週金曜日もお魚デー。こちらのホテルで、朝夕食付にすると、金曜日は大体、お魚メニューになっています。
    みなさんも書かれていますが、年々、お肉の摂取量が減っていく…、うちもそうだわ。息子以外。
    私はもともとお肉大好き人間なので、今でも大好きなんですが、食べる量が減ったような気がします。主人はそれほど肉好きではなかったので、ステーキでも半分で満足だって言います。これってトシのせいなのかしら。
    食べすぎはよくないって言いますもんね。
    主人は走ることが好きなんですが、外で走っていると、あまり気がつかないんだけど、ジムで走ると、走る早さなど数値ででます。
    それを見ると、トシとともに、スピードも落ちる、つまり、日常の活動もスピードが落ちるわけで、ならば、以前と同じカロリーを摂り続けると、太って当然だよね、っていう結論に落ち着いたようです。
    幸い、私たち、今でも好きなものを好きなだけ食べられる、内臓の丈夫な家族なんですが、それでも過信せず、50過ぎたら食事に気を付けたほうがいいかな…などと考えています。
    あ、でも山へ行く時は別ね、別(笑)。
    2014/03/06 22:38 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆業とお肉と~ 
    ともみさん
    じゃぁしばらくは家族で教会ですね♪ 40日ちょっとの間いろんなことに気付きながら生活するのって宗教のためでもあるし、巡って自分のためでもあると思います。やっぱり365日はそうやって生きるのはもたいなですよね、現代人は(笑
    イースターまでの期間、楽しんでくださいね♪
    区切って普段しないことをするのって絶対いいですよね!金曜の献立も楽しそう♪


    yumi さん
    分かる、イタリアの人って(特に南にいくほど)お料理美味しいし、薦めるし、少ないとかわいそうってありますよね(笑
    でも日本でも田舎に行くと、例えば沖縄のおばあのところなんて行くと「かめー、かめー(噛め、噛め=食べなさい、食べなさい)」攻撃にあうんですよ、だから似てるなってずっと思っているんです(笑
    それも貧祖だからとか、お腹いっぱい食べさせてあげたいとか、そういう理由からですよね、絶対。そして美味しいし。 困りますよね(笑
    腹八分目のコントロールがあるなんて。なんでもないことかもしれませんが、日本の文化はやっぱりすばらしいですよね!!
    PS:うちもお肉、同じ理由です。美味しくてちょっと遠いところに行くようにしています(笑 ところでたこ焼きどうでした?!シモーネタコは美味しかっただろうなー♪


    Michieさん
    Michie家もちゃんとお肉を食べないことを実施しているんですね。うちは夫だけカトリックですが、どうやら何も気にしていないようです。。
    ところで旦那様の話分かります!!うちの近所にすごーく早く赤になる信号があって、そこを渡るとき、95%の確立で「今はこの時間で渡れるけど年をとってきたら渡れないな」って思います。やっぱり動作もゆるくなってくるし、何事もこなせるスピードが落ちてきますよね、それすでに感じています(涙
    悲しいかな、それでも頭の中は自分が一番体力あったころ、20前後の体力で物事を判断してしまっています。ピーク時を超えた自分が今は居るということを分かっているのですがなかなか飲み込めていないんです。あと20年したら飲み込めるかしら。。




    2014/03/09 00:35 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。