スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    3年目の書道やっています

    2014-03-13 22:05 / Category: イタリア生活☆見聞録
    以前、話したことがあった書道教室(→クリック)。
    3月で3年目に入りました。

    shodo201403.jpg

    写真のとおり、みなさん、本当に字が上手。
    日本語に触れたことがある人も居ますが、ほとんどが日本語を知らない人たちです。

    それでも字の意味を理解して、力強く、そして個性を出して字を書いています。
    このクラスは皆さん熱心で、週末に自習してきたり、
    書道に関する何かを見聞きしたときはクラスに持ってきて話をしてくれる人たちです。


    メンバーは3年の間に多少変化もありました。
    抜けてしまった人、それから3年継続になる人も居ます。
    もちろん新しい人も居ます。

    書道クラスにとって新しい参加者は大歓迎です。
    書道は誰と足並みをそろえなければいけないものでもないので、
    難しい字を書いてる人も居れば、「三」や「川」からはじめる人が居て、
    その人たちの字を見ることでセンパイたちがアドバイスを出したり、
    そのセンパイたちの字を見ることで、新しい人も早くもっと書けるようになりたくなったり。
    とてもいい意味で刺激しあっています。

    私自身も、日本人なら当たり前に感じている、文字などの感覚を思ってもいない角度からの質問されて、
    言葉として説明しているうちに再認識したり、気がついたことなんてたくさんあって刺激され続けています。
    面白いです。


    それから、書道はアートだな~と思うことがよくあります。

    P3120417.jpg 
    練習は新聞紙でしています。その広告と文字のコラボがたまに面白く作品になったりします。

    例えばこの「夢」
    夢で広がる可能性の波紋のよう。

    こういう偶然が出たらみんなで褒めあいます。


    それから、こんな作品も楽しいです。

    P3120470.jpg 
    生徒さんが、1つめの「森」を書いている時に
    「森がちょっと小さいね、木がたくさんあるのよ、生い茂って森になるのよ、イメージしてね」とアドバイスしたら
    どんどん「森」が大きくなって、4つめには立派な「森」に成長しました。
    この時もみんなで「森の意味分かってるね~!」なんて笑いました。



    授業は月4回のレッスンで、今月のお題を決めて月ごとに仕上げるという方法、日本と同じような感じです。
    違うのは、毎回1枚「今日いち」の作品を残してもらい、月末にセットにして渡します(返します)。
    これは月初と月末の差を見てもらうため、
    たとえ、苦労してしまっても、決して振り出しに戻ったわけではないと分かることで、
    モチベーションを上げる、そういう気持ちでやっています。


    それにしてもイタリア人は、アート的な仕上がりが上手だし、なんだか発想も自由です。
    それからどういう文字が好きだとか、結構好みもはっきりしています。
    カタカナよりひらがなを、シンメトリーよりアンシンメトリーを、そして楷書より行書や草書が好きなようです。日本的ですね。

    それから話好きなイタリア人の国民性が出ているのが、お互いの文字の感想を毎回言い合うこと。
    今では「今日いち」の作品を自発的に見せ合って、そして褒めあってます(笑
    私も書道やっていて楽しかったけれど、生徒さんみんな負けず劣らずすごく楽しそう(笑

    しばらく続けてきた上級者をもっと別のステージに引き上げて上げてあげたい気持ちと、
    このままゆっくりとやっていったほうがいいだろうかという気持ちで正直今迷っています。

    上級者レベルの方に一度、行書にチャレンジしてもらったことがあったのですが、ちょっとパニクってたかな。。(涙
    皆さんお仕事をされている方ばかりですから、レッスンで
    疲れて果てて負担になっては。。と思います。

    あと毎回来れない方も中には居るので、
    いくら書道は自分の速度で進む。。と分かっていても周りと明らかに差が出てくると、置き去り感を感じることになるでしょうし。


    やっぱり今のまま、ゆっくりゆっくりでもいいのかな。。。
    教える側としてはちょっと悩める3年目です。

    それでも教室にはとても満足しています。関わってくださってるみなさん、ありがとう。

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    yumi 
    Naviaさん、私も通いたい!!
    素晴らしいです~。日本語を知らない方が書いているなんて思えない字。
    書道をやって書き順の重要さに気づきました。私なりに先生や講師で書き順が違う人、とっても気になっちゃうんですよね・・・。そんな気持ちを持つなんて日本人だけでしょうね(笑)
    これからの皆さんが楽しみです~!!
    2014/03/14 04:52 * URL [ 編集] | TOP↑

    yuki す、すごい!!
    私よりも字が上手ーーーーー・・・日本人として恥ずかしい(笑)いや、私は左利きだから習字は右手で書かないといけないから下手なの!なんて言い訳を考えてみたり。そしてyumiさん同様、通いたいです。久々に筆と墨を手に取って見るのもいいかも、ですね。でも1人は嫌だなー。こうやってみんなとワイワイ楽しそうにやりたい(わがまま)。
    2014/03/14 07:37 * URL [ 編集] | TOP↑

    sanae 
    わぁ~、皆さんすごく上手!!
    止めハネもすごく丁寧だし、なにより日本語を知らない人が書いたなんて思えない。
    こうして海外の方々ふが書道に興味を持ち、その楽しさを知ってくれてなんだか嬉しいな。
    実は私、夫と知り合って日本とイタリアどちらに住もうかって話してた頃、もしイタリアに住むことになれば、イタリアで書道に興味のある人に教えることが出来たらいいなぁなんて思ってたりもしたんですよ。
    一応免許も持ってるんだけど、今はもっぱら息子の夏休みの宿題の指導のみ。その都度久しぶりの筆の感覚に、息子から筆取り上げて私が書いてますが・・・(笑)
    新聞広告との文字のコラボ、半紙に書くのとはまた違う味がでていいですね~。特に「夢」とのコラボ、すごくいいわ!!
    2014/03/14 09:46 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆書道 
    yumiさん
    ほんと皆さんの字すばらしいです。そうそう、書き順はやっぱりみんな渡したお手本に書いてますよ(笑 日本人でも書き順正しくないことありますものね、こちらの人からすれば書き順があることも大変なようです。でもアルファベットも書き順ありますよね、やっぱり何事にも順序があるってことですかねー。


    yukiさん
    左利きの人は芸術的才能があるっていうじゃないですか、うらやましいです♪ そういえば書道の時だけ右利きの人もクラスに居ました。yukiさんはそっち系だったんですね♪ うん、みんなでわいわい楽しいですよ。でも昨日のレッスンは30分以上ずっとみんなが話していて、書く時間がない。。みたいな。。(涙 そういう日は逆に疲れます(涙


    sanaeさん
    わ~~師範の免状あるんですか、すごいじゃないですか!!え~~もったいない、ちょっと周りに声をかけてやってみたらどうですか?それかコモに引っ越してきませんか?(笑
    お習字教室って行きたいけど、時間が~とか遠い~って思ってる人絶対ごろごろ居ると思いますよ。
    私が高校の頃、お習字の先生のお弟子さん(お免除をとった新しい先生)の自宅レッスンに通うようになりました。時間が取れなくなりレッスンに通えなくなったとき、先生からそういう話をもらったんですよ。
    生徒さんは私を入れて2名でしたが、いい思い出ですよ!
    新聞紙コラボ、素敵でしょ?!こういう偶然がたまに出てくるんです、もったいないから捨てないで!!って生徒さんに言っています(笑
    2014/03/14 19:03 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    さすがイタリア人。もともと持っている美的感覚がすばらしい。
    なんてったって、芸術発祥の地ですもんね。
    人にものを教えるなんて、難しいことを難なく(ではないでしょうけれど)やってらっしゃって、羨ましいです。
    やっぱり、楽しんでやらなきゃ、ですよね。Naviaさんのクラスは、みんなとても楽しそう。そうでないと続きませんもんね。
    楽しみを引き出して、教えてゆく、ということのノウハウ、ぜひ教えてください。
    私には、すごく難しいです。今、一人のドイツ人青年に日本語を教えていますが(もちろんプロではないので、それは重々承知の上で)まじめな生徒さんだから続いていますが、自分自身が、あまりの下手さ(教えることの)に、情けなることしばしばです。
    2014/03/15 20:43 * URL [ 編集] | TOP↑

    ayaCOW2013 新鮮!
    新聞紙に書道!すごく面白いです。
    アートですね~
    2014/03/16 19:49 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆書道2 
    Michie さん
    なんかさらっと、こういうアートを作っちゃうところってイタリア人は感性がすばらしいって思います!
    Michieさん、私本当にもう玉が尽きたような感じ、教えることなんてほとんどないんですよ(笑 みなさんについていってる感じです。やっぱりそこはイタリア人だから楽しそうなんですよね(笑
    ただ一つアドバイスにはならないでしょうが、自身を持つことです。Michieさんは日本のことを知っていて日本語を正しく操り、あっちで育った文化もあるのでそれを伝える、迷わないということです。よく思うのですが同じことでも人によって説明は違いますし、大きな流れで正解はあっても、そこにたどりつければ「正解」になると思うので、生徒さんがMichieさんから言葉も文化も吸収させてあげれるうちは自身をもって!!上手下手は結局経験によるものでしょうから、お子さんに言葉を教えた時と同じように。彼がもっと日本を深く知ることが出来るように手助けをするつもりで。そう思うとMichieさんのほうが日本についてもっと知っているんだから、もっと自身が持てると思います。
    それから一つの単語や表現は一つの日本語に直訳は無理だと思っていいと思います。多分Exactlyな一言葉を探してしまうととても難しいような気がします。やっぱり言葉は文化ですから、一言でかたつく説明なんて難しい-そうタカをくくればMichieさんペースで絶対いい授業が出来ると思います。お子さんたちに教えられたように、ね!
    素敵な縁ですよね、がんばってくださいね!!


    ayaCOW2013さん
    ほんとうにアートですよね、こういう表現だったり面白いアートが出来るっていうのがイタリア人の美的センスの高さなのかなって本当に思います。ここには載せませんでしたが、魚の写真の広告の上に「のり」と書いて、「これって寿司だね~」ってみんなで大笑いしたこともあります。
    そういう目に見えない感覚遊びも面白いです。見習いたい~!
    2014/03/17 21:46 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。