スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コモからお引越し3

    2015-03-06 20:03 / Category: ブログ
    こちらからの続きです

    コモからのお引越し1
    コモからのお引越し2

    あの物件を見てから、話し合いをする日々が続いた。

    私はコモの生活も満足してたし、確かにいろんなことが変わりつつあるけれど、
    アモーレの通勤時間が増えたのも申し訳ないけれど、
    今年は不妊治療に専念したいし、なにか家庭に変化があってから引越しを考えたい。
    出来るなら今じゃないほうがいい。
    それに既に知らない土地ではないし、いくらイタリア語で生活できるとはいえ、
    イタリア語圏(で物件を探す)といえど、スイスはスイス、やっぱりそこは外国。

    出来ることなら、私は私の国か相手の国だったら
    習慣として知っていることがたくさんあるから、住みやすいと思うだろう。


    アモーレは、万が一クビになる可能性、転職の可能性を考えたら今のままでは不安だし、
    僕には家族を養う義務があるのだから、ちゃんと整えておきたい。
    とにかくコモは住みやすいけれど、コモに縛られる(親兄弟が居る、家を買った、仕事がここにあるという)理由もない、
    スイスはフロンティエリがスイスへ移住することに対しても規制する方向で考えてるし、
    数年後スイスに住みたいとある日思っても、今より少し難しくなっているかもしれない。

    生活は苦しくなるかもしれないれど、それでも贅沢しなければなんとかやっていける。
    どうしても向こうの生活になじめないならイタリアに戻ってこればいい、これだって自由だよ。

    ただ、今やっておかないと数年後に後悔するのが嫌なんだ。


    そうお互いの考えにすれ違いがありながらも、話続けていたけれど、
    ある日、ふとしたことで決断した。

    それは、こちらからの請求に関しての大家からの返事だった
    (結局家を引き払う時にひと悶着があり、返還してらえた)

    その知らせが届いた時、この家は好きだけどやっぱりここに居て、
    毎度何かの度に大家とのやりとりに我慢する思いをするのが嫌だと思った。

    ここは出たほうがいい。
    私たち二人ともそう思った。

    この時期にこんな気持ちになるのも、きっと何かの縁。
    コモには未練たっぷりだけど出て行くことに決めた。

    P1031322.jpg 
    元旦からオリーブの木に肥料をまくアモーレのお父さん。
    この週末はカラブリア♪ 
    お父さんの誕生日があるのでサプライズ帰省です。楽しみ♪

    つづく~
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    yumi 
    なるほど~。イタリアからスイスに働きに行くフロンティエリは国境近くにはたくさんいらっしゃるんですね。スイスは近くてイタリア語も通じるからお隣の町と言う感じですけど、今は特に情勢がコロコロ変わるし、スイスに渡っておいたほうがいいというアモーレさんの意見、近いと言っても異国のスイスに渡ることを躊躇するナビアさんの気持ち、よーくわかりました。。
    イタリアは良くも悪くもゆるくて、がっくりすることばかりですが、そのあたりスイスはとっても心地良さそうです。私たちも何かあるたびに第三国への移民を話すことがあります。でも私たちにとっては仮定の話なので、楽しく終わるんですが、良くも悪くもなれたイタリアから離れるのは私にとっても後ろ髪惹かれる思いでしょう。。。!!!
    2015/03/07 17:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie いろいろ考えた末なんですね
    スイスと聞いて、ちょっとびっくりしましたが、(スイスフラン固定化で、大丈夫かなと)アモーレさんの仕事にメリットがあるのですね。それに、大家さんのことも。
    何か、やはり、今が「その時」だったんでしょうね。

    明日からまた(昨年夏に娘と行き、クリスマスからお正月は主人と行き…)、日本なんです。今、娘が留学中でして。
    では、ちょっと、行ってきま~す。
    2015/03/07 19:34 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆お引越し3 
    この辺りでは結構多いんですよ、フロンティエリ。まぁ人手が足りないスイス側と、田舎に住んで仕事が欲しいイタリア側と需要と供給が一致してきたんでしょうね。
    私たちもYumiさんたちのようにどちらかの町で暮らしていれば、こういう選択はなかったと思います。やっぱり住む場所がきちんと決まっているというのは一番の安定材料だと思います。引越しの時、ギリギリに家が決まったんですよ、それまでのストレスといったら。。。(涙

    Michie さん
    大家さんの話、いずれ書きたいと思っています。まだ書けないぐらい怒りが残っています。結局のところ裁判する書状を送って向こうが折れて(120パーほんとに当たり前!!)なんとか無事に終わりました。が。。。ま、それがあったからイタリアやコモへ後ろ髪が惹かれていたのが、結構さっぱりしました。そう思うと大家のおかげです(笑
    そうでしたね、娘さん留学でしたね、春ですから、もうすぐいろいろ始まりますね。がんばってください!!さくらの花を満喫してきてください!!




    2015/03/12 22:07 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆Makitaliaさん 
    Makitaliaさん、以前不妊治療の話でもコメントいただいたことがあったこと、たった今気付きました。。。本当にすみません。。。私、FC2の拍手機能をちゃんと使いこなせてなく、MakitaliaさんもFC2を使ってらっしゃるのでついでに書いてしまいますが、
    FC2の拍手をしたあとにコメントできる機能→をONにしてたんですが、
    拍手コメントがあった場合通知する機能→OFFにしていて、
    今日なんとなく設定を見ていて、ここにいくつかコメントをいただいていたことを知りました。
    すみません。。もしかしたらなしのつぶて過ぎて、Makitaliaさんもコメント書いたのに表示がない、おかしいな?とか思ったかもしれません、ほんとうにごめんなさい!
    コメントちゃんと読ませてもらいました。Makitaliaさんもいろいろ考えてらっしゃるのですね、こうなってみて納得の行く病院だとか納得が行く夫婦の意見を探しを日々している私たちです。私たちにとっていい答えが出れがいいなと思っています。どういう形であっても。
    Makitaliaさんはこっちで日本でやっていたことをちゃんと見つめ直して、すすんでいるので本当にすごいなと思います。またブログ楽しみにしています。

    下記が頂いたコメントの一部です~
    安心しました!イタリア嫌いから、大大大嫌いになってしまわれたのかと(汗)イタリアでの暮らしは、色々な不便や納得いかないことも多々ありますが、私はまだ嫌いになったことはありません。私は去年は~~
    2015/05/20 01:47 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。