スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ノンナの土鍋

    2015-03-16 23:20 / Category: 夫の実家はカラブリア
    実は、もうノンナ(アモーレのおばあちゃん)が亡くなってから4ヶ月が過ぎた。
    去年あまり良い年ではなかったが、そんな1年が終わろうとする頃、最後に大きく悲しい出来事だった。

    ノンナが亡くなって、祖父母の家は空になった。

    マンマはあれから、祖父母の家に入れなかったという。
    全てのものが目に焼きついているし、状況も思い出すし、とてもじゃないけど悲しすぎるから。

    それでもこのまま放っておくわけにはいかないから。と私とアモーレの帰省中、一緒に祖父母の家に入ることにした。

    お葬儀前後に綺麗にしたので、一通りは片付いているし、
    冷蔵庫等は既に整理されている。


    後は、ゆっくり物を処分していくだけ。マンマはそういって部屋の窓を開けた。

    ノンナは日の光と風にあたるのが好きだったから、
    最後に病院に運ばれるまで、起きてる時間はなるべく窓際に座っていた。
    ベットかから窓までのほんの数歩の空間でも松葉杖は必要だった。
    その松葉杖があの時のまま、窓枠の脇に立てかけられてるのを見て
    ノンナが立てかけたままの松葉杖だ、とマンマは泣き出した。

    私もノンナがこの窓から外を眺めていた姿が想像できて、ノンナがここに居ないことをまた感じた。
    そして泣いた。

    4ヶ月という時間は過去の事にするにはたいして役にはたってなかった、こみ上げる悲しみ。
    そして、人が居なくなるということの重みを感じた。


    ノンナの寝室を出て、マンマが落ち着ちつくのを待って、台所へ移動した。
    捨てる前に鍋やら食器やら、私たちが必要なものがないかとマンマは聞いてきた。

    私たちは木ベラとテラコッタ(土鍋)をもらう事にした。

    随分以前にノンノ(おじいちゃん)からテラコッタをもらって、重宝しているのよ。と話をしたことがあった。
    それから祖父母は帰省するたびに「どれでもいいから持って帰りなさい」と言ってくれていて
    帰省が飛行機なので荷物制限もあって毎度持って帰ってこれるものではないけれど、

    P3162013.jpg 
    今回は小さくて、一番使い込んだテラコッタをもらって帰ってきた。

    P3162015.jpg 
    身内の不思議で、アンティーク嫌いのアモーレでさえこの汚れ具合がなんとも愛おしい。

    P3162012.jpg
    新品だったものも含めて全部ノンノとノンナにもらったもの。
    大切なものだけど、これからもガンガンに使っていこうと思っている。

    カラブリア(とかシチリアとか)には、ピンニャータPignataという豆専用のテラコッタがあって、
    pignata.jpg 
    ↑こういう壺のような鍋。
    ノンナもいくつか持っているのだけれど、私はこの豆の炊き方が分からない & 今の家が電気調理器なので、
    うちに持って帰ってきてもアジがないかな、花瓶になるかな。と躊躇して今回は持って帰ってこなかった。

    でも、うちに並べたテラコッタを見ていたら、やっぱりあと1つ、
    ノンナたちが使ったものがここにあったらなと思った。

    きっと、1つ持って帰ってきても、あと1つ、あと1つと思ってしまうかもしれないのだけれど。
    でもそれは、何か足りない感情を埋めるのではなくて、
    懐かしんだり、ありがたく思ったり、そういうためのものだから。
    悲しむためじゃなくて。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Bolognamica2 
    Naviaさん、こんにちは♬
    ノンナが亡くなられたとのこと・・・アモ―レさん、お辛かったでしょうね。。。Naviaさんも・・。実は私も先月大好きだった祖母が亡くなったばかりで、、、だからお気持ちよく分かります。
    素敵なテラコッタ。私、こういった使いこなされた味のある食器大好きです。
    この木べらだって、きっと毎日握られてたはず・・。実は近々急きょ日本に帰省する(実に4年以上ぶり)のですが、その時に祖母が日頃使ってたものを頂いて帰ろうかなと思っています。そう、悲しむのではなくて懐かしく思ったり、これからも私が大事に使うことできっとおばあちゃんも喜んでくれると思うから・・^^

    素敵なお料理沢山作って下さいね!
    2015/03/24 00:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    yumi 
    Naviaさん、こんにちは!
    ノンナのテラコッタ、使い込んであってそれで綺麗で素敵です。
    使い込めば使い込むだけ味がでて、思いでも残って、その上美味しく料理できるのがテラコッタ。なんだか人生と同じですね。味がでてくる。
    ピンニャータで煮込むお豆は最高で、圧力鍋なんかじゃ絶対まねできないほっくりとした味。
    ノンナを思い出しながら料理をしていってくださいね。これからもいつも近くで見守ってくれています!!
    2015/03/24 02:33 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆ノンナの土鍋 
    Bolognamica2さん
    お互いちょっと悲しい時期ですね。帰省された際にBolognamica2さんがおばあさまにお参りされて近寄れる時間がたっぷりもてますように。
    ステキなテラコッタでしょ♪ そうそう、キベらも。いっぱい使ったんだろうなっていうのが感じられておばあちゃんの味を少し分けてもらってる気分です。割れるその日までがんがんに使いますよ~♪Bolognamica2さんはステキなお雛様があるけれど、それ以外にも身近に懐かしく感じられるもの探してきてくださいね♪

    yumi さん
    ほんとだ、人生みたい!ありがとう!ノンナのテラコッタはどれもステキです。どの鍋もノンナのように温かみがあります♪ ピンニャータでいつも美味しいお豆作ってもらうばかりでした。私もyumiさんみたいにカラブリア料理を習って、自分で作ろうと思います。次回の帰省で持って帰ってきますよ~♪
    2015/03/26 07:02 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。