スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    彼氏が家にやってくる!

    2006-08-14 22:50 / Category: イタリアーノな彼
    Milkさんのブログを読んで思った。
    私も、彼氏が外国人。
    同じような思いをしたし、
    同じような思いをしてる人がいるかもしれない。

    Milkさんの現在の状況はこう。
     ○もうすぐ、ドイツ人の彼が日本にくる。 
     ○親にあわせたいけれど、親は外国人の彼氏を気に入ってなさそう。
     ○だけど、あわせるチャンスができそう!

    会ってもらえるチャンスができそうで、ほんとよかったです。
    彼氏としてきちんと紹介したら、絶対イメージ変わりますよ。


    私の場合を参考のため聞いてください。

    ------------------------------------------------------------------

    アモーレと付き合い出して、2ヶ月くらいで日本への帰国することになった。

    帰国を決めてから複雑だった。
    一緒にいる時間を楽しくすごしたいのに、これからの不安も一緒によぎり、
    途方にくれながらも、時間をかみ締めたくて、へんな時間だった。


    次、いつ会えるのか それがほんとに不安で、不安でさびしかった。

    そんな私の呼びかけにアモーレは、さびしそうな顔で

    「心配せんでええ。すぐに会えるから。なっ。」

    と何度も言ってくれた。









    そしてほんとに「すぐに」来た(・∀・)。
    はやっ!!!!












    帰国前からアモーレのことを親に言っていた。
    おかんは言った。
    「いや、いや、いや、いや。ぜーーーーーったい嫌。青い目なんて(`・ω・´)」

    「いや、グレー色やで」

    「どっちでも一緒!!!!!! 言葉も通じひんのに!!!!ヽ(`Д´)ノ」

    と言っていた。

    「おかあちゃんは、あんたの幸せを~」

    とも言っていた。

    おとんは「イタ公か!!」と言っただけだった。
    だだ、父は週2回はパスタを作るくらい好きなので
    実はよろこんでいたかもしれない。


    実家を出ている弟は、
    「きっしょっ!!! 海外留学して彼氏つくるってきしょい女の典型や」

    ちなみに私と、弟は仲はよくない。


    そんなワケで、彼が来る1ヶ月間は2人で生活しようと思った。
    そのほうが彼もリラックスできるし、
    なにより、こんな中で 「さらしものにしたくない」 と思ったから。


    そしてマンスリーマンションを探していた。
    ネットで、本で、探しているのを、親が気にした。

    「彼氏がくるからマンション借りるねん」 と言うと、

    2日後両親から、
    「うちに泊まったらいい」と言ってきた。

    私はもちろん 「NO」と言った。


    親はまた次の日も、その次の日も言ってきた。
    いつしか妥協案もたててきた。

    「そんなに2人でいたいなら1、2週間マンション借りたらいいやん
     とりあえずうちに泊まらしてあげたらいいいのよ。
     日本のことがもっと分かるから。」


    彼らがこう言った一番の原因は
    私が帰国後すぐだからお金がないと心配している

    だった。
    さらにこう言った。
    私が働いてる間の、アモーレを心配している
    やっぱりアモーレがどんな人格か気になる
    はるばる遠くからくるんやから、もてなしてあげたい

    と思ってくれたという。


    とってもありがたい申し出を、ありがたくお願いすることにした。


    最後まで反対したのは彼女の家に転がり込んで住んでいる
    弟だった。

    「ねーちゃんは、どんだけ人に迷惑かけたらすむんですか?」

    とメールをよこしてきた。
    確かにこの件では迷惑をかけることになるけれど。。。

    繰り返すが、私たちは仲が悪い。




    ちなみに、弟はアイルランドに行った留学費を
    私が親に借りていると、いや、出してもらってると思っている。

    なぜなら母は、
    「お姉ちゃんにお金かしてるから、ないの」
    と言っていた。(実はそれは口実で、だからない。と言うため)

    それだけではない。
    小さいころから、都合の悪い話は、
    かわいい息子には母は言わなかった。
    家のトラブル、お金の工面。弟はなにもしらない。


    知っているつもりかもしれないが、
    事実の1/1000もしらない。
    ばれてしまったことだけを伝えてきた。


    だけど、そんな弟は、

    「ねーちゃん、考え甘いねん。家族に迷惑かけまくってる人生やで」

    などと、平気で言ってくる。

    「ええ歳して、語学留学」に偏見があるのかもしれない。


    私の友達は、

    「弟クンがそう思うのは、お母さんが毎回、真実言わんからちゃうの?
     お母さんが悪いでー」

    と言っていた。

    全くそのとおりだと思う。


    まぁ、話はそれたが、
    歓迎はされていないが、かくして彼はうちにくることになった。



    次へ
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。