スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    美濃吉レストラン115ユーロ!?@Expo Milano 2015

    2015-05-07 01:19 / Category: ミラノ de オサンポ
    こちらではミラノ・エキスポに出展している美濃吉のレシートが話題になっています。

    minokichi.jpg  
    @http://www.lastampa.it/


    京懐石110ユーロ、水が5ユーロ、トータル115ユーロのレシートがエキスポいち高い、ありえない、ちょこちょこ盛ったブッフェ(こちらではフィンガーフードのような意味合いで)なのに。などと、この写真にコメントが出回ったから。
    数日前からようやくネットで美濃吉が高いのは日本でも最高峰、京都で300年ほど続く老舗のレストランであること、
    それから日本でも高いレストランであり、日本パビリオンで日本食を食べたければ、美濃吉のほかにもレストランがあること
    が書かれていました。

    minokichi3.jpg 
    @http://milano.corriere.it/


    minokichi2.jpg 
     @http://www.lastampa.it/


    今日はかなり何様?発言ですがオユルシヲ。。。


    ここは高いレストランなんだ、そんなものなんだ、日本でも高いものなんだと新聞が公言してくれたことで
    この話題はこれで収まるだろうけれど、私はこのことをとても残念に思うし、
    今からでも遅くない、
    エキスポ日本館のWebサイトや、
    美濃吉の紹介文(現在はカウンター席で頂ける京都料理のおもてなしを~のような説明が書かれているのみ)に
    懐石料理について説明する箇所を追加できないものなのでしょうか。

    せっかくの食についてのエキスポなのに
    せっかくWebサイトに訪れた外国人たちに、
    これでは京懐石のよさは何も伝わりません。
    高くて美味しいレストランならどの国にもあります。
    有名なシェフが居る美味しいレストランもどの国にもあります。
    でも懐石のフィロソフィー、懐石哲学は日本だけのものですから他の国にはありません。


    美濃吉で115ユーロは安いと思います。
    私ももちろん、美濃吉に行きたい!!けど、やっぱり行けませんが(涙
    ここでよく再現することを考えてくれたな、と出展してくれたことに日本人としてありがたく思えます。

    私は日本で結婚式を挙げたのですが
    その時に美濃吉本店である、竹茂楼でのお食事会が出来たらなと下見させてもらったことがあります。
    建物もお庭も、器も従業員の方もそのどれもがプロフェッショナルで美しい!そのものでした。


    そもそもここではレストランやトラットリアといった区別はあっても、
    日本ほど、ファミリーレストラン、郷土料理、お食事処に始まり蕎麦屋、すし屋、それに懐石に至るまで
    はっきりと細かい差はないと思います。

    日本から離れアウェイの土地で、その違いも理解してもらいつつ
    懐石のおもてなしの心、品々の(皿)数の多さ、意味、どれもこれも手間をかけた料理であること、
    四季ではなくもっと細かい季節によって品々が変わること、器だって日本からいい器を用意されていることでしょう。

    こちらではほとんどの場合食事用のお皿はデザートに至るまで
    お揃いの柄の器を取り揃えるんですが、
    それからしたら懐石の器はなんてバラバラなんだ。って思う人も居るでしょう(涙

    椀だってきっと高価な日本の漆の器を持ってこられてると思うんですが、
    まぁ~ステキなプラスティックって思う人結構居ると思うんですよね、これほんと!(涙

    内装もきっとお食事に集中できるようにワビサビな内装で手抜きなく作られてることだと思います。
    ぎらぎらの装飾が多いこの国では殺風景もしくはまだ未完成な内装だと思う人もいるかもしれません。


    説明は長くなるかもしれませんが、せめてお食事される方だけでも、
    そういう懐石の美しさ、清らかさ、おもてなしのこだわりを冊子にしてお渡しするとか、
    何か日本パビリオンで説明を追加してもらえたら~とこのレシート事件でとても思います。


    先日エキスポに行ってきました。
    感想は後日UPしたいと思いますが、
    日本パビリオンにて懐石について説明してくれる場所があるんですが
    テクノロジーがいっぱいで、私でも追いつけなかったので、ご年配の方にはさらに難しい操作だと思います。

    多分日本パビリオンではあそこで懐石の説明をして、
    希望者には(美濃吉は予約のみ)あのお料理が食べれます。
    という流れなのかもしれませんが。


    食に関してとても保守的なイタリアでさえ近年ようやく日本食に対する理解度が高まっています。
    日本文化と食に関する文化をアピールするせっかくの機会で、とても注目されている日本パビリオン。
    エキスポはまだはじまったばかり。

    日本館を訪れる多くの人が日本についてより理解をしてもらえたらと願うばかりです。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ある普通の土曜日のミラノ。

    2014-02-06 18:38 / Category: ミラノ de オサンポ
    とある土曜日 、いつものようにカメラを持ってお散歩。
    この日はミラノ。 アモーレと二人でミラノに来るのは数ヶ月ぶり。

    P1251404.jpg 
    この日の天気は快晴。
    ランチをしてお散歩していると、やっぱり、ここはコモとは違う風景。
    コモでは見慣れないものがいっぱい。

    P1251402-1.jpg 
    私たちがヨダレを垂らす勢いで目が釘づけになったのが写真左上のこのカメラマンのレンズ!(笑

    大きな立派なレンズで、うわ~、いいな~何ミリ?なんて話していると、
    そういう大きなカメラを持ったカメラマンが3人もそろってレンズを向けている!
    レンズを向けている場所に私もレンズを向けてみた!!

    何?何?何をやってるの?イベント?いや、人を撮ってるわ?人??あなたたたちパパラッチだったのね??

    そういうことは?
    この人誰??

    私はパパラッチをパパラッチして思ったのだけれど、パパラッチの被写体を知らない。
    だからパパラッチに寄っていって。。。

    「お仕事中すみません。誰ですか。」
    「エロス・ラマゾッティEros Ramazzottiだよ」
    「そうですか。ありがとうございます。」
    アモーレの元に行き、「アモーレ、エロスラマゾッティだって。知ってる?」

    「あ、そうなんだ。知ってる。有名だよ。でもオレ彼の曲聞かないし。興味ない。行くぞ。」

    このロックボーイめが!!(アモーレ、ほぼロックしか聞かない)。。
    パパラッチされる歌手もかわいそうだけれど(でもニコニコ笑顔で応対していた)、
    興味ないとか、聞かないとか一介の若造に一刀両断されるってのも
    私が歌手ならへこむな。。 ※後でYoutube等で見たら本当に有名な人でした。

    その後、私たちは彼の話題よりあのレンズとカメラの話題でしばらくお散歩。
    有名人よりもカメラのほうが興味がる今日この頃なのデス。


    それから、宣伝用とはいえ、エレクトリックカーの表面に人工芝を貼り付けた、見た目もとってもエコなSMARTを見たり、
    パン屋さんなのに亀の大群がいるところを見つけたり、
    あ~、やっぱりコモとは違うね、コモよりも街が元気で、挑戦的なところあるよね、そういうところが都会なんだね。

    P1251424.jpg 
    街の中心地Duomoドゥオモのに近づくと、
    ほど近い広場ではBiagio Antonaccioという、これまたイタリアの歌手がサプライズライブをやっていた。
    彼のTwitter等を愛読しているファンたちが前日の告知で知って集まってきていた。

    P1251431.jpg 
    ドゥオモDuomoはこの日も美しく

    P1251435.jpg 
    ガッレリアGalleriaは今日も美しい。

    天気のいい日のミラノは歩き甲斐があります。


    オマケ
    P1251441.jpg 
    Duomoの裏にミラネーゼの大好きなルイーニLuiniという揚げパン(ピザ)屋さんがあるのは有名で、
    この日も右側の列はルイーニのパンを買う列が出来ています。

    その横にMUSUBIというオニギリ屋さんが少し前に出来たのですが、
    私の友人や人づてに聞く限りではあまり評判はよろしくないようで。。(外国人の経営)
    でも、せっかく名前も店構えも、メニューも日本らしさを出しているので、もう少し改善してがんばって欲しいです。
    でも改善されるまで食べるのはお預けしようと思っています。。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    お寿司とドルチェ@BASARA

    2012-10-18 19:01 / Category: ミラノ de オサンポ

    「お寿司が美味し~いの。それにデザートも美味しいの!」

    と友達に誘われて BASARA@ミラノ に行ってきた。

    DSC_2.jpg
    石のお皿に盛り付けられたお寿司が美しいー。 
    お寿司を久しぶりに口にしたから言っているのではなくて、美味しい。
    上手く説明できないけれど、日本のお寿司を食べてる!とじわっと実感できるあのにんまり出来るうれしさ。
    元気な板さんが作るデリケートなお寿司。
    今度はアモーレを連れてこよう!



    食事の後の噂のデザートタイム(別途注文)では

    DSC_1.jpg
    「この中から選べます」と今日のスイーツを見せられて。。。こんな美味しそうな中から1つ選べない。

    お腹はいっぱいだったけれど(ランチはサラダ、お味噌汁付き、お寿司は見た目より満腹感あり)
    思わず2つデザートを注文。


    「Naviaちゃん、やるね~!」


    なんて冷やかされている間に、さっきのケーキたちがデザートになって再登場。
    (今はデザートって言わずにスイーツって言うのよって友達に教えられた(笑 )

    torta.jpg
    いいでしょ~? かわいすぎ~! テンションが上がる~!!


    デコレーションって大事ねー。こんなにラブリーになって帰ってきて、
    おもわず、きゃ~!とか言っちゃった(笑
    私が選んだのは写真下の2つ。日本酒のチョコレートケーキと、抹茶のティラミス。
    さすがに2つは最後が苦しかった。ケド、美味しゅうございました♪ 


    dorceee.gif
    イタリアのドルチェってこんな感じで
    もう少しずっしりしているというかコテコテというか、日本のフランス菓子っぽい感じではないので
    それもあってここのドルチェは新鮮で美味しかったデス。


    今日はこのお寿司の写真とスイーツの写真を見せたくレポートブログしてみました~♪
    (え?なんらレポートなってない?)

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    このブログ、すごい!

    2012-02-24 03:05 / Category: ミラノ de オサンポ
    先日ミラノ関連ですごいブログを見つけました。

    ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく -

    ブログを書くyuma-milanoさんのコメントには

    「ミラノの文化・芸術を中心にイタリアの隠れた魅力を探りつつ知的好奇心を刺激する」

    と書かれていますが、全くその通りミラノにある物に対してスポットをあて
    詳しく説明されていて、ガイドブックより詳しく、興味をそそる文章で、
    このブログを見るとただ単に通っていた場所が急に重みを増してきます。
    そして、知らずにぼけーっと過ぎていたことが悔やまれます。
    おかげで、次回同じ場所を通る時はもっと知識と思い入れを持って通れるだろうと思います。

    ミラノは観光資源がさほどない土地ですが、
    こうやって説明してもらうと、歴史や風土は色濃くあるんですね。



    ミラノ探訪さんのようなブログを見てしまうと正直落ち込みます。


    私も、こんなブログが書きたい!
    (って1回でもそんな濃い内容も書いたことないくせに言ってみる)

    なのに私のブログは日々の出来事日記。
    こういうブログって五万とあるし(もちろん他のブログを批判しているわけではなく)、
    ミラノ探訪さんのような、読んで歓心、本みたいにためになるブログってそうないし、
    テーマも文章も面白いし、
    こういう切り口で住んでいたらなんでもタダの建物も赴きが出て楽しいだろと思います。
    私が「キタナイな、このビル」とか思って鼻で笑っていたビルも
    実は立派な意味のあるビルだったといつか、ミラノ探訪さんに発見されることでしょう。


    そう思うと、

    ほんと物事を狭い角度でしか捉えられない私。さびしーわ。



    私のブログのようなてんやわんやな毎日のブログなら、他にもいくらでも楽しいのあるし
    このブログに旅行の人が読んでもためになる内容があるわけではないし、
    まず、「海外にいる」と言っておきながら、海外感がない!

    国際結婚した人の「外国に暮らしています」的なブログって、読んでいて
    わ~、外国だな~とか感じるけど、
    私のは結構それがないし。← だから写真を多様して外国チックさを出してるというか。。。(笑

    なんというか、ほんとに自分とアモーレ、友達、家族。みたいな
    普通の日常すぎて


    しょぼいブログだなー。


    かと言ってブログを閉めちゃって新しいブログを始めるとか?
    せっかくあるのに勿体ないよなー。



    でもなー。。。
    しょぼいブログと思ったらどんどんしょぼく思えてきたわー。


    なんて多少自暴自棄っぽく思っていたら


    margueriteさんというこのブログを最近発見してくださった方から、
    「ブログを楽しみにしています」というメッセージを今日頂いて



    自暴自棄から完全復活。 ただいま絶好調! 私、軽いな、簡単だな(笑



    このブログを読んでくれてる方なら知っていると思いますが、

    「ブログ止めることはないけれど、ちょっと考えたよ」的な話を書くことはあっても

    ブログを辞めることはないので

    今回もやっぱりこれからもよろしく。


    ***

    観光資源の少ないミラノを訪れるなら是非ミラノ探訪さん、読まれるとよろしいかと思います。
    私もいつも通ってる場所で何箇所が行って見たい場所があるので行ったら私のブログにもUPさせてもらいます!


    私もミラノ探訪さんに憧れて、コモ探訪ってブログ名変えようかな!!


    で、ブログの内容は、
    「アモーレがコーヒーに砂糖入れすぎ」とか
    駅で見かけたおっさんが~」とか、

    あれ?内容はコマスカ!から何も変わってないよ!? 


    やっぱ、書く人間が変わらないと替えられないか、内容は。 えへ。


    改めてこれからもNaviaのブログよろしくお願いします。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    クリスマスイルミネーション @ミラノ

    2011-12-14 20:21 / Category: ミラノ de オサンポ
    コマスカ!
    今年のイルミネーションも

    コマスカ!
    さほど違いはないけれど

    コマスカ!
    コマスカ!
    重厚な美しい建物を引き立たせるくらいの光で建物が飾られ、
    どこか静かな感じがして、それでいて威厳も少し感じるようなそんな空間に変わるこのイルミネーション。
    コマスカ!
    建物が光の引き算をしながらライトアップする。
    だからツリーの光がいっそう輝いて見えるのだろう。
    コマスカ!
    光の中心にはミラノの紋章

    コマスカ!
    !!!!!
    修復されている!!!!
    ミラノに来た方なら知っていると思うが
    ギャレリア中央にある床のモザイクのうちの1つ、
    牛のモザイクの大切なところに片足のかかとを添えてくるくると3回転すると
    幸せが訪れる もしくは ミラノに戻れるという名物のもので

    コマスカ!
    こんなかんじ。義妹のあみちゃんがモデル

    こうやってみんながぐるぐる回るものっだから、大切なところはすりきってアナが開いていた。
    確か、あなの写真もいつか撮ったはずだけど、、、出てきたらUPします。

    それが、修復され、大切なところが復活!
    雄牛にとっては今年はなんと素敵なクリスマスプレゼント!!馬

    ちなみに、このぐるぐる。
    1回だけ回る人も結構いたりする。
    1回だけは意味がない。幸せを逃がしてしまうなんて説も。
    必ず3回まわるように!!

    観光客が1週して去っていくのを見るたび、

    「だめ!3回まわって」

    とおせっかいを言ってくれるご年配もいる。
    私は年配でもミラネーゼでもないけれど、見かけるとなぜか120%おせっかいする。

    「だめ、3回まわって」と。

    いつも雄牛の横には、数人の順番待ちをしているので、
    だいたい1回言えば伝言ゲームのように順番待ちが途絶えるまで3回まわる観光客たち。
    なんだか多くの人にプチいいことした気分になるので、
    ギャレリアを通るたびにまた言ってしまう。

    「だめ、3回まわって」と。(笑

    コマスカ!
    綺麗になったミラノ中央駅には

    コマスカ!
    以前は中央駅の外に出ていたクリスマスマーケットが。
    クリスマスにちなんだものや、イタリア各地の物産展(サラミ、チーズ、特産品)等があって、
    外国から国内からミラノに着いた玄関口の中央駅で
    こういうのが見れるのはうれしいですね。


    クリスマスイルミネーション @コモ はこんな感じです(クリックでジャンプ)

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★


    <<前のページ | ホーム | 次のページ>>
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。